@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

議政官【ぎせいかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

議政官
ぎせいかん
慶応4 (1868) 年閏4月,政体書発布による太政官制創設の際できた立法機関をいう。上下両局に分れ,上局議定参与とがあったが,立法行政との機能分離ができずほぼ半年後の明治1 (68) 年9月 19日廃止された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぎせい‐かん〔‐クワン〕【議政官】
明治初期の立法機関。慶応4年(1868)閏4月設立。上局・下局で構成されたが、有効な機能を果たせずに翌年5月廃止。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぎせいかん【議政官】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

議政官
ぎせいかん

明治初年の立法機関。1868年(慶応4)閏(うるう)4月21日、維新政府は五か条の誓文の精神に基づいて政体書を公布、太政官(だじょうかん)を復興するとともに、三権分立の方針を明らかにし、立法機関として議政官を設置した。議政官は上局(じょうきょく)と下局(かきょく)から構成されており、重要な布告、法制などは議政官の決定をまって行政官が布達することとなっていた。上局は、上級廷臣、諸侯などからなる議定と、下級廷臣、西南雄藩の有力藩士からなる参与により構成され、下局は、各藩から選出された貢士(こうし)を構成員としていた。議定、参与の多くは行政官を兼任していたので、上局は半年足らずで消滅した。5月28日下局は貢士対策所として実施され、翌69年(明治2)5月13日に議政官が廃止されたあと、その任務は公議所、集議院へと引き継がれた。

[井上 勲]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎせい‐かん ‥クヮン【議政官】
〘名〙 明治初年の立法機関。慶応四年(一八六八)設置。上局と下局に分かれ、上局は皇族、公卿、諸侯で構成する議定、および士族、庶民をも加えた参与からなり、下局は貢士(こうし)からなる。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「刑法官議政官為政官の如きは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

議政官
ぎせいかん
明治初期の立法機関
1868年政体書により設置。議定・参与をもって組織された上局と,貢士をもって組織された下局に分かれる。上局のおもな役目は諸侯間・公家間の対立調停であり,下局は上局の下級諮問機関。行政官に圧倒され半年で廃止された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

議政官」の用語解説はコトバンクが提供しています。

議政官の関連情報

関連キーワード

戊辰戦争早竹虎吉(初代)明治東京(都)ブートレロフ津田ブハラ・ハーン国ブラームスブルックナー柳河春三

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation