@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

議院【ぎいん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

議院
ぎいん
house
議会を構成する合議体。日本の国会における衆議院参議院がこれにあたる。議会における意思決定機関が議院であり,2つの議院から構成される両院制の場合,原則として両議院の意思が一致して初めて議会の意思となる。これに対し,一院制では議院と議会とは事実上,同義語となる。一般的に各議院は独立した合議体として自律権が保障され,議員の兼職は許されず,それぞれ個別の議長のもと,独自の議院規則議事手続,懲罰規定などの制定権をもち,固有の活動を行う。なお,両議院の合議体として両院協議会などがおかれる場合もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぎいん【議院】
国政を審議する場所。国会。
国会の衆議院と参議院。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

議院
ぎいん
国会を構成する衆議院または参議院をいう。各議院はそれぞれ独立に会議を開き、議決を行う。両議院の議決の一致で国会の議決が成立するが、各議院は単独で、議院規則の制定、議員の懲罰国政調査などの権能を有する。[山野一美]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎ‐いん ‥ヰン【議院】
〘名〙
① 国政を審議する場所。国会。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「この議院に於て、各部落より薦挙せる民委官を歓接し尊敬する事なり」
② 衆議院または参議院(旧憲法では貴族院)。
※議院法(明治二二年)(1889)七条「各議院の議長副議長は各々一員とす」
[語誌]福沢諭吉が「西洋事情‐初」(一八六六)に「議事院」を使用しており、また「議員」ではなく「議事官」を使用しているところから、「事」が略されて「議院」「議官」ができたとも考えられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぎ‐いん〔‐ヰン〕【議院】
国政を審議する場所。国会。
衆議院参議院

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

議院」の用語解説はコトバンクが提供しています。

議院の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation