@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

護憲運動【ゴケンウンドウ】

デジタル大辞泉

ごけん‐うんどう【護憲運動】
大正期、当時の藩閥・官僚政府を打倒して政党内閣をつくろうとした政治運動。大正元年(1912)長州閥陸軍の長老桂太郎が組閣したため、政党・新聞記者などが中心となって起こした第一次護憲運動と、大正13年(1924)貴族院中心の清浦内閣に反対し、普通選挙断行貴族院改革を訴えて護憲三派が中心となって起こした第二次護憲運動とがある。憲政擁護運動

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごけんうんどう【護憲運動】
大正時代,民衆運動を背景とした政党の藩閥官僚政治打破,立憲政治確立の運動。憲政擁護運動ともいわれる。第2次大戦後にも新憲法改正に反対する運動をこの名をもって呼ぶこともあるが,これについては〈日本国憲法〉のを参照されたい。
[第1次]
 日露戦争後の日本の戦後経営は,軍備拡張,植民地経営を軸に展開された。そのため戦時非常特別税は戦後も継続され,そのうえ新たな増税が行われた。また戦時の外債に加えて新規の外資導入も相ついだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごけんうんどう【護憲運動】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごけん‐うんどう【護憲運動】
〘名〙 憲政擁護運動の略称。藩閥による官僚政治に反対し、立憲政治の確立を目的とする政治運動。
(1)第一次。大正元年(一九一二)一二月、政党・新聞記者らが提唱して憲政擁護の国民大会を開催。翌年二月一〇日、議会の停止に怒った数万の民衆と警察が衝突し、第三次桂内閣を総辞職させた。大正政変。
(2)第二次。大正一三年(一九二四)、憲政会・政友会・革新倶楽部の三派が合同して運動を展開。普選断行、貴族院改革、行政財政整理を国民に訴えて総選挙に大勝し、護憲三派内閣を樹立した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

護憲運動
ごけんうんどう
大正時代,特権的な官僚政治に対し,立憲的な政党政治を実現しようとした国民的政治運動
「憲政擁護運動」の略称。〔第1次護憲運動〈1912〜13〉〕大正初期,長州閥で陸軍の長老桂太郎の第3次内閣組閣に対し立憲政友会の尾崎行雄,立憲国民党の犬養毅,新聞記者団,交詢社系の実業家などが中心になり「閥族打破・憲政擁護」を主張,群衆の議会包囲にまで発展し,桂内閣は53日で総辞職した。(→大正政変)〔第2次護憲運動〈1924〉〕 大正末期,貴族院を主体に清浦奎吾内閣が成立すると,護憲三派が共同戦線をはり,憲政擁護・普通選挙法実施・貴族院改革などの運動をおこし,'24年5月の総選挙に勝ち,加藤高明内閣(護憲三派内閣)が成立した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

護憲運動
ごけんうんどう
憲政擁護運動」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

護憲運動
ごけんうんどう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

護憲運動」の用語解説はコトバンクが提供しています。

護憲運動の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation