@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

護謨【ゴム】

デジタル大辞泉

ゴム(〈オランダ〉gom)
わずかな力で大きく伸び、外力を除くとほとんど瞬間的にもとに戻る性質をもつ物質。ゴムの木から採取したラテックスから作る天然ゴム石油などから化学的に合成する合成ゴム再生ゴムなどがある。ラバー。→弾性ゴム
植物から分泌される多糖類で、水溶性粘性のある物質弾性は示さない。アラビアゴムトラガカントゴムなど。
俗にコンドームのこと。
[補説]「謨」とも書く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゴム【護謨】
〘名〙 (gom 「護謨」はあて字)
① 植物ゴム質。植物から分泌される多糖類。ペントース、ヘキソース、ウロン酸等が主成分。アルコールには溶けず水に溶かすとコロイド溶液となるか、水を吸収して著しく膨張する点で樹脂とは異なる。アラビアゴム、トラガカントゴム、メスキットゴム、ガッチゴム、サクラゴム等があり、粘着剤、粘稠(ねんちゅう)剤、エマルジョン安定剤、繊維用糊剤、錠剤結合剤等に用いられる。
② 弾性ゴム。
(イ) 天然ゴム。パラゴムノキ、マニホットゴムノキ、ゴムタンポポ、インドゴムノキ、アメリカゴムノキ等のゴム植物から採取される。弾性に富んだ鎖状高分子物質。炭水化物が主成分。樹皮から採取したままの乳液をラテックス、これを濃縮し酸で凝固させたものを生ゴム、これに硫黄を加え、ゴム分子が硫黄で架橋されたものを加硫ゴムという。〔植学啓原(1833)〕
(ロ) 合成ゴム。ブタジエン、スチレン等、石炭・石油製品から化学合成によって造ったもの。
(ハ) 再生ゴム。天然ゴム、合成ゴム等のくずゴム、ゴム製品の廃物等から再生したもの。
③ 「ゴムのき(━木)」の略。
※彼岸過迄(1912)〈夏目漱石〉風呂の後「護謨(ゴム)を植ゑる為の地面を借り受けるのに」
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉六「鉛筆の尻に着いて居る、護謨(ゴム)の頭で」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

護謨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

護謨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation