@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

讒言【ザンゲン】

デジタル大辞泉

ざん‐げん【×讒言】
[名](スル)事実を曲げたり、ありもしない事柄を作り上げたりして、その人のことを目上の人に悪く言うこと。「讒言されて不遇のとなる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞう‐げん〔ザウ‐〕【×讒言】
ざんげん(讒言)」の音変化。
「いかなる―などのありけるにかと」〈・柏木〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ざん‐げん【讒言】
〘名〙 事実をまげ、いつわって人を悪く言うこと。また、そのことば。告げ口。中傷。ざん。讒口。讒舌。讒説。ぞうげん。
※後二条師通記‐寛治四年(1090)一〇月四日「有讒言、承之、申便候由
※仮名草子・身の鏡(1659)中「頼朝に義経を讒言(ザンゲン)したるを」 〔詩経‐小雅・青蠅〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞう‐げん ザウ‥【讒言】
〘名〙 「ざんげん(讒言)」の変化した語。
※枕(10C終)一八七「いささかもかの御ことにたがふ者をばつめたて、ざうげんし、あしけれど」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

讒言」の用語解説はコトバンクが提供しています。

讒言の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation