@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

谷文晁【たに ぶんちょう】

美術人名辞典

谷文晁
江戸後期文人画家。江戸生。初名は文朝、のち文晁。幼少より画技を好み、元・・清画や狩野派土佐派・文人画等の諸画法を折衷した新画風を創造し、江戸文人画壇の重鎮となる。門下渡辺崋山立原杏所らを輩出する。天保11年(1840)歿、78才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

たに‐ぶんちょう〔‐ブンテウ〕【谷文晁】
[1763~1841]江戸後期の画家。江戸の人。名は正安通称、文五郎。別号、写山楼・画学斎など。広く和漢洋の画法を学び、独自の南画一家をなした。また、松平定信愛顧を受けて西洋画の遠近法陰影法を取り入れた「公余探勝図巻」を描いたほか、「集古十種(しゅうこじっしゅ)」の挿絵も担当。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

谷文晁 たに-ぶんちょう
1763-1841* 江戸時代後期の画家。
宝暦13年9月9日生まれ。麓谷(ろつこく)の長男。加藤文麗,渡辺玄対らに師事。狩野(かのう)派,土佐派,南宗画,北宗画,西洋画などの手法をとりいれて独自の画風を創出,江戸文人画壇の重鎮となる。田安徳川家につかえ,松平定信編「集古十種」の挿絵もかく。渡辺崋山(かざん)ら門人多数。天保(てんぽう)11年12月14日死去。78歳。江戸出身。通称は文五郎。別号に写山楼,画学斎など。作品に「公余探勝(こうよたんしょう)図巻」「木村蒹葭堂(けんかどう)像」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

たにぶんちょう【谷文晁】
1763‐1840(宝暦13‐天保11)
江戸後期の画家。江戸下谷根岸に生まれた。通称文五郎。写山楼,画学斎などの号がある。父は田安家の家臣で,詩人としても名のあった谷麓谷。10歳のころから狩野派の加藤文麗に絵を学ぶが,19歳のころ,南蘋(なんぴん)派の渡辺玄対に師事した。1788年(天明8)田安徳川家に出仕して五人扶持となり,同年長崎に遊学して清人張秋谷に文人画を学んだ。92年(寛政4)には白河侯松平定信付となり,翌年3月から4月にかけ定信の江戸湾岸巡視に随従して《公余探勝図》を制作した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たにぶんちょう【谷文晁】
1763~1840 江戸後期の画家。江戸の人。名は正安。写山楼・画学斎と別号す。南蘋なんびん派・狩野派などの諸派を学び、南画・西洋画・大和絵の手法を取り入れて独自の南画を完成。江戸文人画壇で重きをなした。代表作「集古十種」の挿絵など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

谷文晁
たにぶんちょう
[生]宝暦13(1763).江戸
[没]天保11(1840).12.14. 江戸
江戸時代後期の南画家。田安家の家臣谷麓谷の子。名は文五郎,文伍。号は文朝,文晁,写山楼ほか。初め狩野派の加藤文麗,南蘋派の渡辺玄対などに絵を学ぶ。宋,元,明,清の絵画や西洋画の研究のうえに土佐派,琳派円山四条派などの画法をも摂取して幅広い画業を示し,当時江戸第一の大家とされた。松平定信の保護を受け『集古十種』 (1800) の編集や『公余探勝図巻』 (1793) の制作にあたった。画風は南北合法の「寛政文晁」から,粗荒な「烏文晁」へと変化。門下に渡辺崋山,立原杏所,高久靄 厓 (たかくあいがい) がいる。著書に画伝『本朝画纂』,主要作品に『山水図』 (93,東京国立博物館) ,『木村蒹葭堂像』 (1802,大阪府) ,『彦山真景図』 (08,同) ,『松島図』 (26) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

谷文晁
たにぶんちょう
(1763―1840)
江戸後期の南画家。名は正安。通称は文五郎。字(あざな)、号ともに文晁といい、別に写山楼(しゃざんろう)、画学斎(ががくさい)などと号した。田安家の家臣で詩人としても著名な麓谷(ろっこく)を父として江戸に生まれた。画(え)は初め狩野(かのう)派の加藤文麗(ぶんれい)に、ついで長崎派の渡辺玄対(げんたい)に学び、鈴木芙蓉(ふよう)にも就いた。大坂で釧雲泉(くしろうんせん)より南画の法を教授され、さらに北宗画に洋風画を加味した北山寒巌(きたやまかんがん)や円山(まるやま)派の渡辺南岳(なんがく)の影響も受けるなど、卓抜した技術で諸派を融合させた画風により一家をなした。なかでも『山水図』(東京国立博物館)のように北宗画を主に南宗画を折衷した山水に特色があり、また各地を旅行した際の写生を基に『彦山(ひこさん)真景図』や『鴻台(こうのだい)真景図』などの真景図や『名山図譜』を制作、『木村蒹葭堂(けんかどう)像』のような異色の肖像画も残している。1788年(天明8)画をもって田安家に仕官し、92年(寛政4)には松平定信(さだのぶ)に認められてその近習(きんじゅ)となり、定信の伊豆・相模(さがみ)の海岸防備の視察に随行して、西洋画の陰影法、遠近法を用いた『公余探勝(こうよたんしょう)図巻』を描き、また『集古十種』の編纂(へんさん)にも従って挿図を描いている。弟の島田元旦(げんたん)も画をもって鳥取藩に仕え、妻の幹々(かんかん)や妹秋香(しゅうこう)も画家として知られている。門人も渡辺崋山(かざん)、立原杏所(たちはらきょうしょ)、高久靄崖(たかくあいがい)らの俊才に恵まれ、当時の江戸画壇の大御所として君臨した。文晁を中心とする画派は関西以西の南画とは画風を異にし、通常、関東南画として区別されている。著書に『文晁画談』『本朝画纂(ほんちょうがさん)』などがある。[星野 鈴]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

谷文晁 (たにぶんちょう)
生年月日:1763年9月9日
江戸時代中期;後期の南画家
1841年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たに‐ぶんちょう【谷文晁】
江戸後期の画家。江戸の人。名は正安。通称文五郎。別号写山楼・画学斎など。はじめ南蘋派(なんぴんは)の渡辺玄対に学んだが、のち広く和漢洋にわたる画体を研鑽。さらに明の南宗画・北宗画の合一を試み、文晁風を樹立、江戸南画界の大家となる。また、松平定信に認められ「集古十種」の編集に参加。山水画を主に花鳥画や肖像画も手がけ、さし絵も描いた。代表作「公余探勝図巻」「帰去来図」。画論に「文晁画談」など。宝暦一三~天保一一年(一七六三‐一八四〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

谷文晁
たにぶんちょう
1763〜1840
江戸後期の画家。江戸文人画の祖
江戸の人。初め狩野派を学んだが,内外の諸派を研究し新画風を開いた。松平定信の保護をうけ,図録『集古十種』の挿絵を描いた。門下に田能村竹田 (たのむらちくでん) ・渡辺崋山らがいる。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

谷文晁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

谷文晁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation