@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

谷木因【たに ぼくいん】

美術人名辞典

谷木因
江戸前・中期俳人美濃大垣生。通称九太夫、別号に木端・白桜下・観水軒等。代々船問屋を業とした。初め北村季吟門で松永貞徳俳諧を学び、後談林に化したが、更に蕉門に帰して松尾芭蕉と親しくする。大垣蕉風の発展に寄与した。著書は『桜下文集』『おきなぐさ』等。享保10年(1725)歿、80才。

出典:(株)思文閣

朝日新聞掲載「キーワード」

谷木因
(1646~1725)美濃国(岐阜県)・大垣の富裕な船問屋主人。名前の読みは「もくいん」「ぼくいん」の2説がある。俳諧は北村季吟に師事し、松尾芭蕉とは同門だった。大垣俳壇の立役者でもある。芭蕉は「奥の細道紀行を大垣で締めくくるなど、大垣を数回訪れている。
(2010-04-14 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

谷木因 たに-ぼくいん
1646-1725 江戸時代前期-中期の俳人。
正保(しょうほ)3年生まれ。家は美濃(みの)(岐阜県)大垣の船問屋。北村季吟(きぎん)の門から談林風にうつり,松尾芭蕉(ばしょう)の感化をうけて後年蕉門にはいった。享保(きょうほう)10年9月30日死去。80歳。通称は九太夫。別号に白桜下,観水軒。著作に「桜下文集」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

精選版 日本国語大辞典

たに‐ぼくいん【谷木因】
江戸初期の俳人。美濃国の人。別号木端・白桜下など。家は代々大垣の船問屋。はじめ季吟に学び貞門、のち談林を経て、蕉門に帰し、大垣蕉門の中心となって活躍した。著「桜下文集」「おきなぐさ」など。正保三~享保一〇年(一六四六‐一七二五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

谷木因」の用語解説はコトバンクが提供しています。

谷木因の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation