@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

谷氷河【たにひょうが】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

谷氷河
たにひょうが
valley glacier
山岳氷河の代表で,中緯度高山地域に最も典型的にみられる。頭部圏谷氷河に続き,山腹,山間を刻んで流下する。水流に比較して流速はきわめて小さいが,浸食力,特に下刻力が強く,U字 (放物線状の説もある) を形成する。底部,内部,表面には削った岩片や落下岩屑など,いわゆるモレーン (氷堆石) 物質が含まれ,次第に運搬されてその末端に末端堆積丘を形成する。また,傾斜や谷幅の急変部にはクレバスが生じていることが多い。多くの谷氷河の氷の厚さは 300~900mに達している。特に大きい谷氷河の例として南極ベアドモア氷河がある。この氷河は長さ 190km,幅 40kmに達する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たに‐ひょうが【谷氷河】
谷に沿って流下する氷河。流下速度は1年間に数十から数百メートルで、U字形の氷食谷を形成する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たにひょうが【谷氷河】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たにひょうが【谷氷河】
谷間を流れ下る氷河。アルプス・ヒマラヤ・アラスカなどの山地に発達する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

谷氷河
たにひょうが
谷の中を流下する氷河。谷の源流部にあるカール(圏谷)を埋めたカール氷河が、さらに発達してできることが多い。谷氷河の末端部は舌状に伸びるので氷舌(ひょうぜつ)とよばれる。氷舌の縁(氷舌端)には、氷河が上流から運んできた岩屑(がんせつ)が積み上げられて、エンド・モレーンend moraineやラテラル・モレーンlateral moraineとよばれる堆石(たいせき)をつくる。いくつかのカールから流下した氷河が、下流で合流してできた谷氷河はアルプス型氷河とよばれるが、アルプスの谷氷河は、最大のアレッチ氷河でも長さ25キロメートル以下である。これに対して、カラコルムやパミール高原には長大な谷氷河が多く、世界最大のフェドチェンコ氷河は長さ77キロメートルにも達する。氷期にはさらに長大な谷氷河が発達していたことが、谷氷河のつくったU字谷や堆石の地形から知られている。大陸氷河や、緩やかな山地をすっぽりと覆った氷帽氷河などの一部が、周囲の谷に流れ込んでできた谷氷河は溢流氷河(いつりゅうひょうが)とよばれる。[小野有五]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たに‐ひょうが【谷氷河】
〘名〙 高山の谷間を流れ下る氷河。アルプスやヒマラヤでは大規模なものが見られる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

谷氷河」の用語解説はコトバンクが提供しています。

谷氷河の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation