@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

豆炭【マメタン】

デジタル大辞泉

まめ‐たん【豆炭】
無煙炭の粉に木炭粉・コーライトなどをまぜ、粘結剤を加えて卵大の扁球形に練り固めた家庭用燃料。 冬》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まめたん【豆炭】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

豆炭
まめたん
briquet
briquette

炭素質固形燃料の一種。無煙炭を主原料として、これに木炭粉、コーライト(半成コークス)などを混合し、パルプ廃液やデンプンを粘結剤として加えて成形乾燥したもので、豆形や、膨らんだまんじゅうの形をしたマセック形があり、1個約50グラム程度のものが多い。また木炭粉を多く使用して着火性を容易にしたものがつくられている。木炭粉だけでつくられた豆炭は成形木炭という。大部分は家庭用で、その燃焼器具としてこんろ、こたつを用いる。性状の一例としては水分4%、灰分25%、揮発分16%、固定炭素55%。発熱量は1キログラム当り5800キロカロリーである。

[真田雄三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まめ‐たん【豆炭】
〘名〙 無煙炭の粉に木炭などの粉をまぜ、粘結剤を加えて豆形・卵形に固めた家庭用燃料。こんろ、こたつに用いる。《季・冬》
※漫才読本(1936)〈横山エンタツ〉花婿の寝言「コラッ! 桐の火鉢に豆炭(マメタン)を入れる人があるか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豆炭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

豆炭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation