@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

豊受大神宮【とようけだいじんぐう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

豊受大神宮
とようけだいじんぐう
三重県伊勢市山田 (→宇治山田 ) に鎮座。豊受宮 (とゆけのみや) ,度会宮 (わたらいのみや) ,外宮 (げくう) ともいう。もと丹波国比沼の真奈井原にあったが,雄略天皇の頃に現在の場所に移された。祭神トヨウケノオオカミ (豊受大神)で,五穀豊穣,衣食住守護を司る。皇大神宮 (内宮) とともに伊勢神宮と総称される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とようけ‐だいじんぐう【豊受大神宮】
三重県伊勢市の山田原にある伊勢神宮の外宮。祭神は豊受大神雄略天皇の時に、丹波比治の真名井原から迎えられたという。皇大神宮(内宮)と合わせて伊勢神宮と称する。渡会宮(わたらいのみや)。豊受宮(とゆけのみや)。外宮(げくう)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とゆけだいじんぐう【豊受大神宮】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

豊受大神宮
とようけだいじんぐう

伊勢(いせ)神宮の一つ。三重県伊勢市豊川(とよかわ)町に鎮座。皇大神宮(内宮(ないくう))に対して外宮(げくう)とよばれている。古くは度会宮(わたらいのみや)、豊受宮と称した。天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)の御饌都神(みけつかみ)、すなわち食物をつかさどる豊受大神(おおみかみ)(豊宇気毘売神(とようけびめのかみ))を祀(まつ)る。雄略(ゆうりゃく)天皇22年に丹波(たんば)国比治(ひじ)の真奈井原(まないのはら)(京都府京丹後(きょうたんご)市峰山(みねやま)町)より迎え祀ったと伝承する。

[鎌田純一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とようけ‐だいじんぐう【豊受大神宮】
三重県伊勢市豊川町にある伊勢神宮の外宮。祭神は豊受大神。天照大神(あまてらすおおみかみ)の御餞都神(みけつかみ)として雄略天皇の時に丹波国真奈井(京都府峰山町)から現在地に遷宮したという。中世、度会行忠(わたらいゆきただ)が出て教学を起こして宣布に努め、伊勢信仰を盛んにした。皇大神宮(内宮)と合わせて神宮・二所大神宮といわれる。度会宮。止由気宮。とゆけだいじんぐう。とよけのだいじん。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とゆけ‐だいじんぐう【豊受大神宮】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊受大神宮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

豊受大神宮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation