@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

豊国神社【とよくにじんじゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

豊国神社
とよくにじんじゃ
京都市東山区鎮座する元別格官幣社。「ほうこくじんじゃ」「ほうこくさん」ともいう。豊臣秀吉を祀るため慶長4 (1599) 年に創建された豊国廟が,徳川氏により破壊 (1615) され,現社殿は明治初年,方広寺跡に再建されたもの (1877起工,80完成) 。豪華な唐門伏見城遺構といわれ,唐破風 (からはふ) 下の雄大な蟇股 (かえるまた) や欄間彫刻などが,桃山建築の特色をよく表わし,国宝。例祭9月 18日。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊国神社
ほうこくじんじゃ
豊国神社」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

豊国神社
1885(明治18)年創建。豊臣秀吉の生誕地とされる名古屋市中村区中村町の中村公園内に境内がある。公園のには加藤清正自ら出生地で、名古屋城築城の余材で再建したと伝わる妙行寺がある。名古屋市営地下鉄東山線・中村公園駅から徒歩10分。
(2016-08-01 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

とよくに‐じんじゃ【豊国神社】
京都市東山区にある神社祭神豊臣秀吉。慶長4年(1599)創建され豊国大明神神号を宣下された豊国廟を、明治13年(1880)現在地に遷再興したもの。伏見城の遺構という唐門は国宝。豊国大明神。豊国(ほうこく)神社。俗称、ほうこくさん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

豊国神社
△愛知県名古屋市▽の県立中村公園内にある神社。祭神は豊臣秀吉。1885年、県令国定廉平(れんぺい)が中心となり、秀吉の生誕地に建立

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊国(ほうこく)神社
△大阪府大阪市中央区▽の大阪城公園にある神社。1879年、京都の豊国神社の大阪別社として創建。祭神は豊臣秀吉、豊臣秀頼、豊臣秀長。出世開運の神として信仰を集める。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とよくにじんじゃ【豊国神社】
京都市東山区に鎮座。一般には〈ほうこくさん〉と呼ばれている。1598年(慶長3)8月18日に去した豊臣秀吉は東山の阿弥陀ヶ峰に埋葬されたが,彼をまつるため山麓に創建され,翌年〈豊国大明神〉の神号と正一位の神位が宣下された。豊臣秀頼は吉田兼見を社務に,兼見の弟神竜院梵舜を社僧に,孫の萩原兼従(かねより)を神主に任命した。秀吉忌日の8月18日と正遷宮の行われた4月18日が例祭日となったが,とくに秀吉七回忌の1604年8月には,臨時祭礼が盛大に行われた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とよくにじんじゃ【豊国神社】
京都市東山区にある神社。豊臣秀吉をまつる。秀吉を葬った阿弥陀ヶ峰の西麓に創建され、豊国大明神と称された。豊臣氏滅亡後衰微したが明治に入り旧方広寺境内跡に再興。ほうこくさん。ほうこくじんじゃ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とよくに‐じんじゃ【豊国神社】
京都市東山区茶屋町にある神社。旧別格官幣社。豊臣秀吉をまつる。豊臣氏滅亡後破却された豊国廟を、明治元年(一八六八)朝令で方広寺大仏殿跡の現在地に再興したもの。伏見城の遺構と伝えられる唐門は国宝。ほうこくさん。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

豊国神社
ほうこくじんじゃ
京都市東山区にある豊臣秀吉を祭る神社
「とよくにじんじゃ」とも読む。秀吉の死(1598)の翌年に方広寺の鎮守という名目で建てられ,完成後,豊国大明神の神号を贈られた。本殿拝殿とを石間 (いしのま) でつなぐ豪華で神式霊廟建築。極楽門は有名である。豊臣氏滅亡後,徳川氏によって破壊されたが,明治に入って再興。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊国神社」の用語解説はコトバンクが提供しています。

豊国神社の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation