@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

豊川市【とよかわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

豊川〔市〕
とよかわ
愛知県南東部,豊川右岸,豊橋平野の北部に広がる市。南西部は渥美湾に臨む。1943年豊川町,牛久保町,国府町の 3町と八幡村が合体して市制。1955年三上村,1959年御油町,2006年一宮町,2008年音羽町と御津町,2010年小坂井町をそれぞれ編入。古くは国府付近に三河国国衙が置かれ,近世は東海道姫街道,伊那街道などの交わる要衝にあり,宿場町,豊川稲荷(→妙厳寺)の門前町として発達し,特に江戸時代末期から明治にかけてにぎわった。中心部の豊川は 1939年海軍工廠が設置されて,軍都,工業都市として発展したが,第2次世界大戦後,跡地に工場などの誘致がはかられた。1955年頃から機械工業が進出,食品,金属工業のほか伝統の木材家具工業も盛ん。東三河地方における道路交通の拠点,東三河工業地域における内陸工業の拠点となっている。1968年完成の豊川用水は,工業用水や上水道の供給に加えてこの地域の農業に高い生産性をもたらした。水田耕作を中心に野菜も栽培される。三明寺の三重塔および本堂内宮殿,八幡宮本殿,財賀寺仁王門・本堂内厨子はいずれも国の重要文化財に指定。ほかに国指定史跡の三河国分寺跡や三河国分尼寺跡,国の天然記念物の牛久保のナギ,御油のマツ並木がある。市南西部は三河湾国定公園,東部は本宮山県立自然公園に属する。JR飯田線,東海道本線,名古屋鉄道名古屋本線,豊川線,国道1号線,23号線,151号線,247号線,362号線,東名高速道路が通る。面積 161.14km2。人口 18万2436(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とよかわ‐し〔とよかは‐〕【豊川市】
豊川

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊川市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

豊川市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation