@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

豊平【とよひら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

豊平
とよひら
広島県北西部,北広島町南部の旧町域。広島市の北に接する。 1956年吉坂村,原村,都谷村の3村が合体して町制。 2005年芸北町,大朝町,千代田町の3町と合体して北広島町となった。北部は可愛川,南部は太田川水系に属し,山地大部分を占める。農業の主体は米作畜産で,各種の農村工業が進出している。またゴルフ場や別荘地としての利用もみられ,変化が著しい。国指定史跡の吉川氏城館跡がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

豊平
とよひら

広島県西部、山県郡(やまがたぐん)にあった旧町名(豊平町(ちょう))。現在は北広島町(きたひろしまちょう)の中央部南寄りを占める地域。旧豊平町は1956年(昭和31)吉坂(よしさか)、原、都谷(つだに)の3村が合併して成立。2005年(平成17)大朝(おおあさ)、芸北(げいほく)、千代田(ちよだ)の3町と合併し、北広島町となる。旧町域は中国脊梁(せきりょう)山地に続く吉備(きび)高原上にあり、国道433号が通じる。米作、畜産などの農業が主体で、ソバの栽培も盛ん。林業も行われるほか工場の進出も著しい。明治末の一時期、山県郡役所が置かれた。毛利氏の一族吉川元春(きっかわもとはる)の邸跡(国指定史跡)や墓などもある。神楽(かぐら)や田楽(でんがく)の郷土芸能が伝承され、観光地に竜頭(りゅうず)山や駒(こま)ヶ滝がある。

[北川建次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とよひら【豊平】
札幌市の行政区の一つ。昭和四七年(一九七二)成立。同三六年札幌市に編入される前の石狩支庁札幌郡豊平町にあたり、豊平川右岸から月寒川の流域を占める。月寒公園、羊ヶ丘展望台などがある。平成九年(一九九七)清田区を分区。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とよひら【豊平】
札幌市南東部の区名。豊平川東岸にある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊平」の用語解説はコトバンクが提供しています。

豊平の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation