@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

豊沢団平【トヨザワダンペイ】

デジタル大辞泉

とよざわ‐だんぺい〔とよざは‐〕【豊沢団平】
[1828~1898]義太夫節三味線方。2世。播磨(はりま)の人。本名。加古仁兵衛。豊沢広助師事名人といわれ、明治期義太夫節の代表的太夫を育てた。「壺坂霊験記」などを作曲

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とよざわだんぺい【豊沢団平】
義太夫節の三味線演奏者。(1)初世 2世豊沢広助が1812年(文化9)に名のった名前。(2)2世(1828‐98∥文政11‐明治31) 本名加古仁兵衛。播州加古川の生れ。3世豊沢広助の門弟。通称清水町。豊沢力松,同丑之助を経て,1844年(弘化1)に2世を継ぐ。65年(慶応1)には文楽芝居で早くも三味線筆頭となり,83年には文楽座の三味線紋下,そして翌年には彦六座へ移り,没時にいたるまで紋下を勤めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

豊沢団平
とよざわだんぺい

義太夫(ぎだゆう)節の三味線。

[倉田喜弘]

2世

(1828―98)本名加古仁兵衛。播州(ばんしゅう)(兵庫県)加古川生まれ。竹本千賀太夫の養子となり、1839年(天保10)3世豊沢広助(ひろすけ)に入門。力松、丑之助を経て、1844年(弘化1)2世広助の幼名を継いで団平となった。以来、3世竹本長門太夫(ながとだゆう)や5世竹本春太夫を弾き、また2世竹本越路太夫(こしじだゆう)(後の竹本摂津大掾(せっつのだいじょう))や3世竹本大隅太夫(おおすみだゆう)の三味線を弾き、明治文楽(ぶんらく)界を隆盛に導く大きな存在となった。『壺坂観音霊験記(つぼさかかんのんれいげんき)』『良弁杉由来(ろうべんすぎのゆらい)』『勧進帳(かんじんちょう)』など作曲も多い。明治31年4月1日、『花上野誉石碑(はなのうえのほまれのいしぶみ)』「志渡寺(しどうじ)」の段の舞台で脳溢血(のういっけつ)をおこし、没した。

[倉田喜弘]

3世

(1858―1921)2世の門弟。本名植畑九市。前名は4世豊沢仙左衛門(せんざえもん)。1907年(明治40)に襲名。じみな芸風ながら間拍子(まびょうし)がよく、堀江座や近松座へ出演したのち、晩年は東京へ移った。

[倉田喜弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とよざわ‐だんぺい【豊沢団平】
義太夫節の三味線方。二世。本名加古仁兵衛。播磨国(兵庫県)の人。三世豊沢広助に入門。弘化元年(一八四四)から団平を名乗る。三味線方としてははじめての文楽最高の地位(紋下)につき、明治期の名人摂津大掾や大隅太夫を育てた。「壺坂」「勧進帳」などの作曲も多い。文政一〇~明治三一年(一八二七‐九八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊沢団平」の用語解説はコトバンクが提供しています。

豊沢団平の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門宇田川榕菴ベルセリウス内閣総理大臣アメリカ・スペイン戦争チェーホフ加納夏雄ドラクロアツンベリーパークス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation