@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

豊田市【とよた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

豊田〔市〕
とよた
愛知県北部,岡崎平野の北東部と美濃三河高原上に広がる中核市。北で岐阜県,北東で長野県に接する。 1951年挙母 (ころも) 市として市制,1956年高橋村を編入,1959年トヨタ自動車工業株式会社にちなんで,豊田市と改称。 1964年上郷町,1965年高岡町,1967年猿投町,1970年松平町をそれぞれ編入。 2005年には藤岡町,小原村,足助町,下山村,町,稲武町の6町村を編入した。江戸時代には内藤氏2万石の城下町で矢作川水運によって繁栄。明治末期には製糸業が行なわれていたが,昭和初期の養蚕不況以後は沈滞。 1937年トヨタ自動車工業が設立されて以来急速に発展,自動車を主とする輸送機械工業がほとんどを占める。組み立て工場や下請け関連企業が集中し,豊田鉄工団地と東海電子工業団地もあって,工業出荷額は愛知県で1位。 1970年には岡崎市との間に岡多線 (現愛知環状鉄道) が開通して自動車の積み出しが,1980年には名古屋市との間に名古屋鉄道豊田新線 (現豊田線) が開通して人の往来が,それぞれ盛んになった。農業は米,畜産,野菜をはじめ,果樹,観葉植物の栽培が行なわれる。矢作川には大小のダムが配置され,市内外に農・工業用水や生活用水を供給している。杉本の貞観スギ,猿投山 (629m) の球状花崗岩は国の天然記念物。一部が天竜奥三河国定公園および愛知高原国定公園に属する。東名高速道路と伊勢湾岸自動車道が市の南西部を通り,国道 153号線,155号線,248号線などが中心市街地から放射状に広がる。面積 918.32km2人口 42万2542(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

豊田市
トヨタ自動車が本社を置く「クルマの町」。地元商工会議所から市名変更の請願を受け、1959年に挙母(ころも)市から変更した。トヨタやその創業家である「豊田家」に由来する。人口は42万人で、愛知県内では名古屋市に次ぐ。働く人の4割の約10万2千人が製造業に従事している。
(2012-11-11 朝日新聞 朝刊 東海経済)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

とよた‐し【豊田市】
豊田

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊田市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

豊田市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation