@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

豊臣秀長【とよとみ ひでなが】

美術人名辞典

豊臣秀長
武将。太閤秀吉の異父弟。美濃守、後号大和大納言。初名羽柴小一郎、秀利、幼名小竹。大和郡山城主(大和・紀伊・和泉三国守護百万石を食む)木下氏。従二位権大納言。天正19年(1591)歿、52才。

出典:(株)思文閣

世界大百科事典 第2版

とよとみひでなが【豊臣秀長】
1541‐91(天文10‐天正19)
安土桃山時代の武将豊臣秀吉の異父弟。筑阿弥の子。小一郎,のち美濃守。初め長秀,1585年(天正13)ころより秀長に改めた。1577年以降秀吉の中国征伐に従って頭角をあらわし,但馬竹田・出石城主などとして但馬・播磨経略に努めた。本能寺の変後も秀吉の片腕として山崎の戦,賤ヶ岳の戦,小牧長久手の戦に従軍。85年には紀州一揆弾圧後の紀伊経略,秀吉の名代として長宗我部氏を下した四国征伐大役を果たし,その功により同年閏8月大和・紀伊に和泉・伊賀の一部を加えた100万石を領し,大和郡山を居城とした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

豊臣秀長 とよとみ-ひでなが

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

豊臣秀長
とよとみひでなが
羽柴秀長」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

豊臣秀長
とよとみひでなが

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊臣秀長」の用語解説はコトバンクが提供しています。

豊臣秀長の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation