@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

豌豆【エンドウ】

デジタル大辞泉

えん‐どう〔ヱン‐〕【×豌豆】
マメ科の一・二年草。カフカスからイラン付近の原産といわれ、石器時代からすでに栽培。茎は、蔓性(つるせい)のものは約2メートル、矮性(わいせい)のものは高さ約25センチ。葉は羽状複葉で、先端は巻きひげとなる。品種は用途別にさまざまあり、花の色、さや・種子の大小・色などで分ける。種子を煮豆あん蜜豆に、また若いさやを食用にする。グリンピース。シュガーピース。のらまめ。文(ぶんどう)。 夏 花=春》「―の実のゆふぐれに主婦かがむ/誓子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

豌豆 (エンドウ)
植物。マメ科の越年草,園芸植物。ソラマメの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豌豆 (エンドウ・エンズ)
学名:Pisum sativum
植物。マメ科の越年草,園芸植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豌豆 (エンドウ)
植物。蚕豆の別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えん‐どう ヱン‥【豌豆】
〘名〙
① マメ科の二年草または一年草。ヨーロッパ原産で、古くから栽培されており、品種が多い。多くはつる性で高さ一メートル内外。葉は一~三対の卵形の小葉をもった羽状複葉で、先端は分岐した巻ひげとなる。托葉は半切した心臓形で小葉より大きい。春、葉腋から長い花茎を出し一~五個の紫色または白色の蝶形の花をつける。豆果は線状長楕円形、種子は褐色、白色または緑色。種子と若いさやを食用とする。のらまめ。ぶんとう。《季・夏》
▼えんどうの花《季・春》 〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※御湯殿上日記‐文明一六年(1484)四月二〇日「ひんかしのとうゐん殿よりゑんとうまいる」
② 「そらまめ(空豆)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豌豆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

豌豆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation