@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

豪家【ゴウカ】

デジタル大辞泉

ごう‐か〔ガウ‐〕【豪家】
財産の多い家。その地方で勢力のある家。「土地の豪家出身

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ごうか【豪家】
金持ちで勢力のある家。富豪。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごうけ【豪家】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごう‐か ガウ‥【豪家】
〘名〙 権勢のある家。また、金持の家。
※菅家文草(900頃)三・舟行五事「豪家常愛用、貪吏適相逢」
※蛇(1911)〈森鴎外〉「この穂積といふ家は、素と県で三軒と云はれた豪家(ガウ)の一つである」 〔史記‐呂不韋伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごう‐け ガウ‥【豪家】
〘名〙 =こうけ(高家)〔源注余滴(1799‐1830)〕
[補注]「豪」は漢音カウで、「高家(こうけ)」と「豪家」は相通ずるとされるが、「豪家」には、一六世紀ごろガウケと読まれたらしい例がある(「元亀本運歩色葉集」には「豪家(カウケ)」の「カ」右肩に濁点とおぼしい朱点がある)。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豪家」の用語解説はコトバンクが提供しています。

豪家の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation