@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

豪族【ごうぞく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

豪族
ごうぞく
歴史上,土着して,その地方勢力をもつ一族さし,特に古代においては,蘇我氏大伴氏物部氏などのように社会的・経済的基盤の強大な氏族をさす。しかし,時代とともに,豪族の没落勃興による交代がみられ,中央貴族系譜を引く地方豪族も出現し,やがて武士団中核となっていった。最初の武家政権である鎌倉幕府も,東国の豪族たちの支持によって成立した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごう‐ぞく〔ガウ‐〕【豪族】
その地方に土着している住民の中で、大きな財産や勢力をもつ一族。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

豪族
 古墳時代の地方の有力者を指します。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごうぞく【豪族】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

豪族
ごうぞく

一般的には、地方に居住し権勢を有する一族のことをいう。しかし、歴史的には、地方居住者に限らず、王族ではない有勢な一族をいう場合がある。律令(りつりょう)国家以前のいわゆる大和(やまと)王権のもとにおいては、5世紀以降王権に結集してきた大和(奈良県)、河内(かわち)(大阪府)などに本拠をもつ臣(おみ)・連(むらじ)などの姓(かばね)をもつ氏族を中央豪族、また地方にあって国造(くにのみやつこ)・県主(あがたぬし)に任ぜられた直(あたい)・君(きみ)などの姓を有する氏族を地方豪族とよんでいる。律令国家のもとでは、豪族といえばもっぱら地方豪族のことで、王族および五位以上の貴族に対比される概念として使われる。律令制下の地方豪族の多くは郡司(ぐんじ)あるいは国府の下級官吏に任ぜられ、地方行政の末端を担った。中世では、地頭(じとう)や荘官(しょうかん)・下司(げし)などの階層に対して用いられるが、とくに室町時代以降は、地侍(じざむらい)や公文(くもん)・沙汰人(さたにん)などを土豪とよび、豪族の概念は用いられなくなる。江戸時代以降においては、豪族・土豪とも使われず、かわって豪農・豪商の概念が用いられるようになる。

[原秀三郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごう‐ぞく ガウ‥【豪族】
〘名〙 ある地方に土着して富や勢力を持っている一族。地方の権勢家。
※今昔(1120頃か)一「当国・隣国の豪族の人来て乞と云ども」 〔呉志‐歩隲伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

豪族
ごうぞく
中国で大土地所有者の有力家族を中心に,多くの分家・親族を結合した同族の力で地方に勢力をはったもの
すでに戦国時代末期から発生したと考えられるが,前中期ごろから農村内部の階層分化に応じて,少数の富裕農民や一部の商人が地主化して豪族となった。前漢の歳入は小農民からの田租や人頭税を中心としたので,小農民保護のために豪族の土地兼併を抑制したが効きめなく,豪族の連合政権的な性格をもつ後漢 (ごかん) の下で豪族はいっそう力を蓄えた。三国・南北朝時代の混乱期に彼らは事実上の社会秩序の維持者となり,九品中正法 (きゆうひんちゆうせいほう) による官吏登用もかえって豪族に利用され,彼らは上級官職を独占して門閥貴族層を形成していった。隋・唐は科挙を実施したが,唐初期は蔭位 (おんい) (無試験推薦)により貴族は高官を独占した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

豪族
ごうぞく
ある地方に土着し,そこで権勢をふるう一族
大化以前には,中央に葛城大伴物部 (もののべ) ・蘇我氏などの大豪族と中小豪族の伴造 (とものみやつこ) があり,地方には国造 (くにのみやつこ) ・県主 (あがたぬし) などがあった。律令国家では中央豪族は貴族となって政治に参与し,地方豪族はだいたいそのまま存続し,郡司などに任命された。10世紀ごろから皇族・貴族で地方に土着し豪族となる者が出現。有力武士にはそのような豪族の出身者が多かった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豪族」の用語解説はコトバンクが提供しています。

豪族の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation