@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【エラ】

デジタル大辞泉

えら【豪】
《形容詞「えら(偉)い」の語幹から》
はなはだしいこと。すぐれていること。
「こちとらが夕べの働き、―ぢゃぞえ」〈浄・源頼家源実朝鎌倉三代記
名詞・形容詞語幹の上に付き接頭語的に用いて、たいそうな、ひと通りでない、の意を表す。
「尚さんは―怒りの、―癇癪(かんしゃく)ぢゃぞえ」〈・飛馬始〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごう【豪】[漢字項目]
常用漢字] [音]ゴウ(ガウ)(呉) [訓]つよい
すぐれて力強い。勢いが盛ん。「豪快豪傑豪族豪放豪勇
能力・財力などがぬきん出た人。「強豪剣豪酒豪土豪富豪文豪
並み外れている。大いに。「豪雨豪華豪語豪奢(ごうしゃ)豪雪豪遊
オーストラリア。「豪州日豪
[名のり]かた・かつ・すぐる・たけ・たけし・つよ・つよし・とし・ひで
[難読]豪物(えらぶつ)豪猪(やまあらし)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

豪 (ヤマアラシ)
動物。ヤマアラシ類の総称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えら【豪】
(形容詞「えらい」の語幹から)
[1] 〘名〙 (形動) すぐれていること。はなはだしいこと。えらいこと。
※浄瑠璃・蘭奢待新田系図(1765)一「偖(さて)も咲いたり、えらぢゃえらぢゃ」
[2] 〘副〙 程度のはなはだしい意を表わす。大変。ひどく。えらく。
※浄瑠璃・源頼家源実朝鎌倉三代記(1781)八「褒美の金を、ゑら沢山に下ださるる」
[3] 〘接頭〙 ひととおりでない、たいそう、ごく、などの意で、「えらあつ(豪厚)」「えらいかり(豪怒)」「えらくび(豪首)」などと熟して用いる。
※洒落本・十界和尚話(1798)一「今相合橋(あいあいばし)のうへでやか松にあふたが、ゑらとちりあひさつ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごう ガウ【豪】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

豪の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation