@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

貝独楽【バイゴマ】

デジタル大辞泉

ばい‐ごま【貝独楽/海蠃独楽】
巻きバイの殻の先に蝋(ろう)や鉛を溶かして詰め、重みをつけて作ったこま。また、これをまねて作った鉄や鉛製のこま。べいごま。ばい。べい。→貝打(ばいう)ち

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

べい‐ごま【貝独楽】
《多く「ベーゴマ」と書く》「ばいごま」の音変化。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ばいごま【貝独楽】
巻貝バイの殻の中に溶かした鉛や蠟ろうを注ぎ込んで作ったこま。また、鉄などでそれを模して作ったこま。べいごま。 [季] 秋。 → ばい回し

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

べいごま【貝独楽】
「ばいごま」の転。 → 貝独楽

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ばい‐ごま【貝独楽】
〘名〙 バイの貝殻に、溶かした鉛をつぎこんで作ったこま。また、これに似せた鉄のこま。ばいのこま。ばいげた。べいごま。ばい。
※随筆・嬉遊笑覧(1830)六下「今のばいごまは木にて作れり、寛延宝暦の頃まで介殻にてありしと見えて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

べい‐ごま【貝独楽】
〘名〙 (「ばいごま」の変化した語) =ばいごま(貝独楽)《季・秋》
※彼女とゴミ箱(1931)〈一瀬直行〉シン坊が知らなかったのも無理がない「米屋の小僧が、バケツの上にゴザをのせてベイゴマを廻すのを側でみてゐる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

べえ‐ごま【貝独楽】
※薄曇りの秋の日(1950)〈佐多稲子〉「それは、べえ独楽(ゴマ)のはやる頃でした」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貝独楽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

貝独楽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation