@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

貝覆【かいおおい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

貝覆
かいおおい
360個のハマグリ貝殻左右に離し,殻の片方に並べ (地貝) ,他方の貝殻 (出貝) と一対にして合せ取る遊び。貝の置き方,合せ方に作法があり,平安時代末期に成人貴族の間で盛んであった。この遊びは室町時代から江戸時代初期まで上流階層によって継承され,貝殻そのものも洗練,工夫され,歌貝へと発展したが,初期の貝殻には絵や和歌が書込まれていなかったと思われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいおおい【貝覆】
平安時代からおもに貴族の間で遊ばれた室内遊戯。貝合(かいあわせ)とは別のものであるが,後世では混用されて使われている。貝覆は(はまぐり)の貝殻が一対だけしかはまり合う相手がないという特性を利用した遊びである。通常180対または360対の蛤を左右の貝片,すなわち地貝(じがい)と出貝(だしがい)に分け,場に地貝を同心円状に伏せて並べる。ついで,場の中央に出貝を一つずつ伏せて出し,その外側の地模様に合う地貝で出貝をすくい取り,多く取った者を勝ちとするが,合せ方には儀礼的な作法がきめられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

貝覆
かいおおい
二つに分けた貝片を合わせてとる遊戯の一種。貝合(かいあわせ)より生じた。内側に左右一対の和歌や絵を描いた蛤(はまぐり)の貝殻360個を用い、左貝(雄貝)を地貝(じがい)、右貝(雌貝)を出貝(だしがい)とよぶ。遊戯方法は、中央に空所をつくって、地貝を内側が見えないように伏せて丸く並べ、その空所(貝の口)に出貝を1個ずつ出して、貝の形や模様からそれに合う地貝を探し出してとり、多くとった者が勝ちとなる。地貝・出貝は、貝桶(かいおけ)とよばれる2個1組の容器に分けて納められていた。もともと貝覆は子女の遊戯で、鎌倉時代からあり、公家(くげ)の間に伝わったものだったが、蛤は一対の貝殻以外はけっして合わないことから貞節の象徴とされ、近世には、貝桶は嫁入り行列の最初に運ばれ、受け渡しの儀が行われるようになった。[杉本一樹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐おおい かひおほひ【貝覆】
[1] 〘名〙 =かいあわせ(貝合)
※玉葉‐養和二年(1182)二月一八日「平日殊令貝覆之戯給」
[2] (貝おほひ) 江戸前期の俳諧発句合。一冊。松尾宗房(芭蕉)著。寛文一二年(一六七二)成立。芭蕉が故郷伊賀上野の俳人三六人の発句に自句を加え、計六〇句三〇番の句合に仕立て、自ら判者となって判詞を添えたもの。談林的気分が強い。三十番俳諧合。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貝覆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

貝覆の関連情報

関連キーワード

ALFA-X360度評価モノコックボディ三角関数アラウンドパイロンフィギュアエイト恒星月位相角(図形)軽自動車

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation