@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

貞享暦【じょうきょうれき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

貞享暦
じょうきょうれき
江戸時代前半渋川春海によってつくられた暦法貞享2 (1685) 年から 70年間使われた。当時日本では平安時代初期中国から輸入された宣明暦が使われていたが,1度も改暦されたことがなかったので日月食推算に大きな誤りが生じていた。春海は,望遠鏡を用いて観測を行い新暦を作成,霊元天皇に改をすすめたがいれられなかった。天和3 (83) 年宣明暦による月食の予報がはずれ,改暦が問題になった。いったんは中国輸入の大統暦が採用されたが,春海の3度目の上奏により新暦が用いられることになった。貞享1年 10月 29日改暦宣下があって翌2年に貞享暦が施行された。日本で初めてつくられた暦という意味では画期的なものである。のちに,1~2時間ほどの季節の狂いが認められ,宝暦4 (1754) 年宝暦暦に改暦された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じょうきょう‐れき〔ヂヤウキヤウ‐〕【貞享暦】
貞享元年(1684)に宣明暦(せんみょうれき)に代わって採用され、翌年から宝暦4年(1754)まで用いられた太陰太陽暦渋川春海が中国の授時暦を参考として作った、日本人の手になる最初の暦。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょうきょうれき【貞享暦】
1685年(貞享2)より1754年(宝暦4)まで用いられた暦法。渋川春海苦心の作で日本人の手になる最初の暦法である。当時,日本で用いられていた暦法は800年以上も昔ので採用された宣明暦であったので日食予報に誤りが多く,また1太陽年の長さを過大にとっていたため800年の間に暦の季節は天度に2日も遅れてきていた。元で施行されていた授時暦の優秀であることを知った渋川春海は,数値や計算方法はほとんど授時暦をそのまま借り,これに日本との経度差,そのほか若干の補正をして作った暦法を大和暦と名付け上奏した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

貞享暦
じょうきょうれき

日本の暦法の一つ。日本では、中国伝来の「宣明(せんみょう)暦」が861年(貞観3)施行されて以来、800有余年を経て天象との相違が2日にも達した。渋川春海(しぶかわはるみ)(保井(やすい)春海)は中国元朝の「授時(じゅじ)暦」に範をとり、自らの実測に基づき「大和暦(やまとれき)」をつくった。三度改暦を上請し、1685年(貞享2)大和暦により改暦された。これが貞享暦であり、その暦法によって編纂(へんさん)された暦書もその名でよぶ。貞享暦は授時暦の歳実消長法を取り入れ、皇都京都を立算地とした。従来は中国伝来の暦法をそのまま採用したが、貞享暦に至って初めて日本人の手になる日本の地に適応した暦法が採用された点で画期的であった。施行されること70年で「宝暦(ほうれき)暦」にかわった。

[渡辺敏夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょうきょう‐れき ヂャウキャウ‥【貞享暦】
〘名〙 霊元天皇の貞享元年(一六八四)に、貞観四年(八六二)以来用いてきた宣明暦が日月食の推算に誤差を生ずるに至って、これをやめて、一〇月勅許によって採用された暦。渋川(保井)春海が、元の郭守敬が作った授時暦を参考に作ったもので、宝暦四年(一七五四)廃されるまで使われた。日本人の手になる最初の暦。また、その暦法により編まれた暦本をもいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

貞享暦
じょうきょうれき
中国元代に郭守敬 (かくしゅけい) が発明した授時暦を基礎として,江戸時代の天文暦学者渋川春海が作成した暦
従来日本で使用されていた宣明暦は,中国の唐で発明されてからすでに800年以上たつもので,矛盾が多くなっていた。この暦は日本人の手による最初のもので,1685年に採用された。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

貞享暦
じょうきょうれき
江戸中期に使用された太陰暦
天文学者渋川春海 (はるみ) が元の授時暦,明の大統暦を参考にして考案。1685(貞享2)年,平安時代以来の宣明 (せんみよう) 暦に代わって採用された日本人の手による最初の暦で,1755年宝暦暦に代わるまで70年間使用された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貞享暦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

貞享暦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation