@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

貞節【テイセツ】

デジタル大辞泉

てい‐せつ【貞節】
[名・形動]女性が夫以外の男性に身や心を許さないこと。また、そのさま。「貞節を守る」「貞節な婦人」
[派生]ていせつさ[名]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ていせつ【貞節】
節操がかたいこと。特に、女としての操みさおをかたく守ること。 -を尽くす

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てい‐せつ【貞節】
〘名〙
① 夫の死後、再嫁せず墓を守り舅姑に仕え子を育て、模範となること。令制下には課役を免除するなどの褒賞措置がとられた。貞操。
※続日本紀‐和銅五年(712)九月己巳「以夫存之日、相勧為国之道、夫亡之後、固守同墳之意、朕思彼貞節、感歎之深」 〔説苑‐建本〕
② 妻が夫に対して貞操を守り、誠実を尽くすこと。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「真鶴が貞魂(なきたま)の、窣都婆(そとは)に憑て良人に斉眉(かしつ)き、貞節(テイセツ)忠義を尽すこと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貞節」の用語解説はコトバンクが提供しています。

貞節の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation