@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

貞観【ジョウガン】

デジタル大辞泉

じょうがん〔ヂヤウグワン〕【貞観】
平安前期、清和天皇陽成天皇の時の年号。859年4月15日~877年4月16日。
中国、太宗の時の年号。627~649年。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じょうがん【貞観】
年号(859.4.15~877.4.16)。天安の後、元慶の前。清和・陽成天皇の代。
中国、唐の太宗の年号(627~649)。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

じょうがん【貞観】
日本の元号(年号)。平安時代の859年から877年まで、清和(せいわ)天皇、陽成(ようぜい)天皇の代の元号。前元号は天安(てんあん)。次元号は元慶(がんぎょう)。859年(天安3)4月15日改元。清和天皇の即位にともない行われた(代始改元)。866年(貞観8)閏3月、国家的儀式を行う朝堂院の正門・応天門が放火されて炎上した。太政大臣の藤原良房(よしふさ)は、この事件をたくみに利用して伴氏と源氏を追い落とし、同年8月、幼少の清和天皇の外祖父であることを理由に摂政(せっしょう)に就任した。この政変は、応天門の変といわれる。良房の摂政就任は人臣として史上初。これにより、良房は藤原北家全盛の基礎を作った。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょうがん ヂャウグヮン【貞観】
[一] 平安時代、清和・陽成天皇の代の年号(貞観一八年一一月より陽成天皇の代)。天安三年(八五九)四月一五日、代始により改元。太政大臣藤原良房、摂政藤原良房・基経の時代。貞観一九年(八七七)四月、元慶(がんぎょう)と改元された。出典は「易経‐繋辞下」の「天地之道、貞観者也」による。
[二] 中国の唐の太宗の年号(六二七‐六四九)。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貞観」の用語解説はコトバンクが提供しています。

貞観の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation