@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

負イオン【フイオン】

化学辞典 第2版

負イオン
フイオン
negative ion

陰イオン,アニオンともいう.負の電荷をもつイオン.凝縮相では,通常,アニオンあるいは陰イオンとよばれるが,気相ではイオンということが多い.気相中で μs 以上(質量分析計で検出できる限界)の寿命をもつ負イオンは,次の四つの過程で生成する.
(1)非解離共鳴電子捕獲(熱電子捕獲),
(2)解離共鳴電子捕獲
(3)イオン対生成
(4)長寿命高励起原子からの電子移動.
負イオン生成の条件は,もとの原子,分子または原子団が正の電子親和力をもつことである.負イオンは放射線化学放電化学で重要な役割をすると考えられ,また発がん性物質として知られている物質がいずれも熱電子捕獲するため,生物化学や医学の分野でも注目されている.負イオンの研究は,主として電子衝撃によるイオン化で質量分析計を用いて行われているが,電子スウォーム法,放電法,マイクロ波法,分光法などによっても研究されている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふ‐イオン【負イオン】
陰イオンのこと。⇔陽イオン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

負イオン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

負イオンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation