@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

貨幣地代【かへいちだい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

貨幣地代
かへいちだい
money rent; Geldrente
生産物地代に対する言葉で,貨幣で支払われる地代。現代においては地代は当然貨幣で支払われているが,貨幣地代が経済学上一つの意味をもってくるのは封建社会末期においてである。封建社会においては,農民奴として自己の再生産に必要な以外の剰余生産物を地代の形で領主に強制的に収奪されていた。この封建地代は歴史的経過として労働地代生産物地代,貨幣地代の3つの形態をたどるが,貨幣経済浸透とともに,領主の関心が貨幣収入に集中し,農民と領主のつながりも従来の伝統的強制が次第に弱まり,貨幣的契約関係に移行することとなる。貨幣地代はこの時代の地代支払形態で,この関係がさらに進展すると農民は自己の農奴的地位を貨幣の力で買戻し独立自営農民に転化していく。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

貨幣地代
かへいちだい

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貨幣地代」の用語解説はコトバンクが提供しています。

貨幣地代の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation