@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

貨幣数量説【かへいすうりょうせつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

貨幣数量説
かへいすうりょうせつ
quantity theory of money
物価水準は貨幣数量に比例して変化するという理論。多様な形態で論じられており,代表的なものに I.フィッシャー交換方程式ケンブリッジ学派の現金残高方程式がある。前者は取引高は価格Pと取引数量Tの積で表わされ,またそれは貨幣数量Mとその流通速度Vの積に等しいとする式である。すなわち PT=MV 。ここでVはほぼ一定とみなし,取引高は貨幣数量と関係なく決ると仮定するので,貨幣数量の増加は価格の比例的上昇をもたらすとするものである。これに対し後者は貨幣所得の増加が貨幣の限界効用を低下させ,物価水準一般の上昇をもたらすというもので,次式で表わされる。 MkpY ( Y は実質所得) 。Kをその最初の唱導者 A.マーシャルの名前により「マーシャルのK」と呼ぶ。近年になり再びシカゴ大学の M.フリードマンなどによって新しい貨幣数量が主張されている。これは経済変動の主たる要因が通貨量の変動にあるとする理論で,従来の技術的な関係とは異なるが,貨幣量が独立的に動き,経済の動きを決定するという意味で,新貨幣数量説と呼ばれる。 (→シカゴ学派 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かへいすうりょう‐せつ〔クワヘイスウリヤウ‐〕【貨幣数量説】
物価水準上下は、他の事情が等しいかぎり、貨幣数量の増減に比例するという学説米国の経済学者フィッシャーに代表される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かへいすうりょうせつ【貨幣数量説 quantity theory of money】
貨幣量と物価の関係についての古典派の学説で,〈ある国の物価水準は,その国に流通している貨幣の量に比例して決まる〉というものである。すなわち,貨幣の量が2倍になれば物価もほぼ2倍になると考える。 この学説のはしりはすでにD.ヒュームらにみられるが,19世紀のイギリスにおいて学説としてより明確なものとなり,さらにA.マーシャル,A.C.ピグーらのケンブリッジ学派によって発展させられた。上記の貨幣と物価の関係に立ち入ってふれれば,一定の貨幣量はいくつもの取引の媒介を行うことから,貨幣に媒介される取引の総価値額は,その社会に存在する貨幣の総額に,貨幣が取引を媒介する頻度,すなわち流通速度を掛けたものに等しい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かへいすうりょうせつ【貨幣数量説】
貨幣の価値は流通する貨幣の総量によって決まるとする説。ここから物価水準の変動の原因を貨幣量の変化に求める。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

貨幣数量説
かへいすうりょうせつ
quantity theory of money
貨幣量と物価水準との間に一方的な因果関係を認め、貨幣量の変動が物価水準の変化をもたらすという見解。この考え方の起源は18世紀のD・ヒュームにまでさかのぼれるが、その精緻(せいち)な理論的定式化を行ったのはI・フィッシャーである。いま貨幣量をM、貨幣の流通速度をV、物価水準をP、取引量をTとすると、一定期間中の総取引量は支払われる貨幣数量に等しいゆえ、MVPTという関係式(フィッシャーの交換方程式)が得られる。この式自体は会計的恒等式であり、なんら因果関係は示していないが、短期間をとってみると、(1)Tは実物的要因により決まっており、(2)Vは制度的要因により与えられていると想定できるので、彼はこの式を因果的に解釈し直し、Mの増大はつねにPの比例的上昇を引き起こすと結論した。フィッシャーの考え方はその後、マーシャル、ピグーらのケンブリッジ学派により発展させられた。彼らの見解はMkPyという現金残高方程式に要約されるため、現金残高数量説とよばれている。ここでMPは前と同様、yは実質国民所得、kは人々が貨幣の形で保有したいと思っている所得の割合とすると、前記の式は貨幣の需給均衡式を示している。彼らは、この式におけるkを可変的であると仮定することにより、貨幣量変化と物価水準変化の関係はかならずしも比例的ではなく、人々の貨幣保有行動により左右されると考えた。
 これら二つの古い貨幣数量説はケインズ経済学の登場により、その理論的関心が急速に失われるに至ったが、それを新たに解釈し直したのがM・フリードマンによる新貨幣数量説である。彼は貨幣数量説を貨幣需要の理論として把握し、貨幣の流通速度は貨幣所得、物価水準、各種の資産の収益率などの安定的関数として表されるとした。そして、アメリカの実際のデータを利用し、貨幣量の変化は短期的には産出量に、長期的には物価水準に影響を与えるが、その大きさや期間の正確な長さは時と場合により異なることを明らかにした。この結果をもとにフリードマンは、経済安定達成の方法として、貨幣供給量を経済成長率に見合った一定率で増大すべきであるというルールに基づく貨幣政策の実施を提唱している。このような新貨幣数量説の考え方は、各国の中央銀行が最近になって採用するようになったマネーサプライ重視の金融政策に少なからぬ影響を与えている。[外山茂樹]
『高橋泰蔵・小泉明著『交換方程式と現金残高方程式』(1958・勁草書房) ▽M・フリードマン著、三宅武雄訳『貨幣の安定をめざして』(1963・ダイヤモンド社) ▽M. Friedman “The Quantity Theory of Money, A Restatement” in M. Friedman (ed.), Studies in the Quantity Theory of Money (1956, U.of Chicago P.)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かへい‐すうりょうせつ クヮヘイスウリャウセツ【貨幣数量説】
〘名〙 物価水準は貨幣供給量に直接比例すると考える理論。「貨幣量×貨幣の流通速度=物価水準×実質産出量」という交換方程式に基礎を置いている。フィッシャーの取引数量説、ケンブリッジ学派の現金残高数量説などが有名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貨幣数量説」の用語解説はコトバンクが提供しています。

貨幣数量説の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation