@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

貨物船【かもつせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

貨物船
かもつせん
cargo boat; freighter
貨物輸送を目的とする船舶船体大部分貨物の倉庫にあてられ,貨物の積卸し作業に都合のよいように船の構造と設備が造られている。一般貨物船には一定の航路を定期的に航海する定期貨物船 cargo linerと,航路も時期も一定せず貨物の流れに従って不特定の航路を航海する不定期貨物船 tramperに分けられる。貨物には軽重固体液体などの別があり種類も多いが,それらの荷物の運送専用に造られた特殊貨物船としては,液体貨物輸送船としてのタンカー,LNGタンカー,ばら積船としての鉱石船,石炭船のほか,セメント運搬専用のタンカーや冷蔵貨物船,コンテナ船,自動車運搬船,重量物運搬船などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かもつ‐せん〔クワモツ‐〕【貨物船】
貨物を主に輸送する船舶。法規上は12名以下の旅客設備をもつものを含める。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かもつせん【貨物船 cargo ship】
貨物を運ぶことを目的とする商船。各国とも法規(日本の場合は〈船舶安全法〉)によって旅客定員12名以下のものを貨物船と定義しており,旅客定員が12名を超えるものは客船の扱いを受ける。 19世紀中ごろから20世紀前半までは国際間の旅客輸送においては船がその中心を占め,客船全盛の時代であり,貨物船も旅客設備をもつものが多かった。20世紀後半に入って,旅客のほとんどは飛行機に移り,船による旅客輸送の比重は非常に小さくなったが,一方,産業活動の拡大に伴う貨物輸送はその後増大一途をたどり,とくに外国貿易ではほとんどの物資が貨物船により輸送されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かもつせん【貨物船】
貨物を主に運搬する船舶。小人数の旅客(定員一二人以下)を乗せるものもある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

貨物船
かもつせん
貨物を専門に運搬する船。昔から遠隔地への海上輸送機関として重要な役割を果たしてきた。最近では航空機の発達により、軽量で高速を必要とする貨物は航空輸送へ移行しつつあるが、大量貨物の輸送には依然として貨物船が重要な地位を占めている。
 貨物船は貨物の種類や輸送方法によって多くの種類に分けられる。機械類、電気製品、日用品ほか種々の一般貨物で荷造りしたものを運ぶ船を、一般貨物船または普通貨物船という。第二次世界大戦前後までは、貨物船といえば一般貨物船をさし、ほかは特殊貨物船とよばれていた。その後、世界の産業や貿易の構造が変化するにしたがってタンカーおよび、鉱石、石炭、穀類などを荷造りせずに直接船倉へ流し込むように積む、ばら積貨物船(バルク・キャリアーbulk carrier)などが多数建造、運航されてきたので、一般貨物船以外を専用船とよぶようになった。2006年末には、タンカーが世界の商船船腹量の25%(総トン数比較)、ばら積貨物船が28%に上り、両者で50%以上を占めている。専用船にはそのほかに、自動車、液化ガス、木材、セメント、チップ、果物、冷蔵貨物などを運ぶ船がある。専用船のうち、原油・鉱石あるいは原油・鉱石・穀類などのように2種類以上の貨物を運ぶ設備をもつ船を兼用船という。さらに多くの種類を運べる船を多目的船とよぶこともある。また、コンテナ船およびコンテナのかわりに艀(はしけ)(バージbarge)を積むバージ・キャリアーbarge carrierをユニット・ロード船という。貨物船であっても13名以上の旅客設備をもつ船は法規上、旅客船として扱われ、貨客船とよばれる。
 コンテナ船、液化ガス運搬船、自動車専用船は第二次世界大戦以後、初めて出現した新形式の貨物船である。船腹量としては、コンテナ船と液化ガス運搬船あわせて全世界の約20%(2006年末。総トン数比較)を占め、コンテナ船は高速輸送の要求に応じ、液化ガス運搬船はエネルギー源の多様化の傾向とともに活躍の場を伸ばしてきている。また自動車専用船は、自動車工業の発展に伴い、従来は一般貨物船で少しずつ運んでいた自動車(主として乗用車)を大量に運ぼうという目的で生まれた。甲板間の高さを車が入るだけに切り詰め、10層前後の甲板をもつ特異な構造の貨物船である。
 経営上の運航形態から分類すると、定期貨物船と不定期貨物船がある。定期貨物船は貨物の出回りが安定している航路でスケジュールを組み、定期的に運航され、不定期貨物船は時間と航路を定めずに、有利な貨物を求めて世界各地を回って運航される。[森田知治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かもつ‐せん クヮモツ‥【貨物船】
〘名〙 貨物の運搬を目的とする船。
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉四七「殊に貨物船に於ては、乗客がないのだ。乗客が無いと云ふことは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貨物船」の用語解説はコトバンクが提供しています。

貨物船の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation