@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

貫通【カンツウ】

デジタル大辞泉

かん‐つう〔クワン‐〕【貫通】
[名](スル)
ある物の中を貫いて通ること。「トンネルが貫通する」「鉄道が町の中心部を貫通する」
広く物事に通じていること。通暁通達

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐つう クヮン‥【貫通】
〘名〙
① 端から端までつらぬきとおること。また、つらぬきとおすこと。
※航米日録(1860)一「此管は六釜より貫通して皆大管一個に合せ入る」
② 物事を最後まで続けること。
③ 筋道、意味などが正しく通っていること。また、通すこと。
※仁説問答師説(1688‐1710)宝永三年講「いとをしいと云も心の徳、かなしいと云も心の徳、みな総摂貫通して」 〔朱熹‐中庸・序〕
④ すべてのことをよく理解していること。万事に通じていること。
※浄瑠璃・天神記(1714)一「日本の大臣わかんの学に貫通し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つらぬき‐とお・す ‥とほす【貫通】
〘他サ五(四)〙
① 端から端へ、または表から裏へすっかり突き通す。
② 初めの気持や考えなどを変えることなく最後まで守り通す。
※方丈記私記(1970‐71)〈堀田善衛〉九「またそうでなければ実行出来なかったであろうし、貫き通すことも出来なかったであろう」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぬき‐とお・す ‥とほす【貫通】
〘他サ四〙 つらぬいてとおす。つきとおす。つき抜く。貫通(かんつう)する。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貫通」の用語解説はコトバンクが提供しています。

貫通の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation