@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

貫高【かんだか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

貫高
かんだか
鎌倉時代末期から行われた土地面積の表示方法。石高が土地の生産表示であるのに対し,高は土地に課された税額銭貨の高 (貫文) で表示した収納高であり,それが同時に「何貫文の地」というように地積を示した。この制度を貫高制または貫文制という。貫高は当初,人間単位に課せられた公事の額で示されたが,次第に田畑の地積測量の基準として使われ,特に東国では広く行われた。永楽銭の流通に伴って永高制が用いられるようになると,貫高と永高が混用された。また反別,石高との換算率は一定していない。太閤検地以後,貫高は大部分が石高に統一されたが,上田藩のように表高は石高で,年貢収納は貫高を用いたところもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かん‐だか〔クワン‐〕【貫高】
中世、土地の面積表示の方法。その土地から徴収できる年貢の量を貫文(銭)で表したもの。→石高(こくだか)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんだか【貫高】
室町・戦国時代に用いられた所領規模の表示方式。とくに戦国大名が知行宛行(あておこない)の際に広く用いたもので,年貢量とともに軍役量の基準をあらわす数値であった。貫高の起源はかならずしも明らかでないが,14~15世紀を通じて発展した年貢代銭納と,将軍守護および守護―国人間の知行宛行,軍役収取の必要から徐々に形成されたと考えられる。この時期には荘園公領を何貫文の地と表現したり,守護大名を何千貫衆,何万貫衆などと呼びならわすことも広まっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんだか【貫高】
中世、土地面積・地代を銭で換算した方式。村高や所領高の評価基準としても機能した。近世の石高こくだか制施行の後も、東国などでは用いられた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

貫高
かんだか
土地・地代などを銭貨の単位である貫文(かんもん)によって表示する中世社会特有の方法。江戸時代の農政書であり1794年(寛政6)に成立した『地方凡例録(じかたはんれいろく)』には、鎌倉期文永(ぶんえい)のころ(13世紀後半)より貫高が現れ、室町期には東国・西国ともに貫高になったと記されている。貫高成立の背景には、貨幣流通の拡大とともに、土地からの年貢収取を代銭納(だいせんのう)によって行っていくという、13世紀後半から14世紀前半ごろの領主諸層による対応という状況があり、貫高により田畑1枚ごとの年貢高が表示され始めていった。もちろんこれによってすべてが代銭納になったわけではないが、しだいにその標準的共通単位が示されていった。この過程の究明は、各地域・荘園(しょうえん)ごとにみられる枡(ます)の不統一や、米と貫高の換算率の問題として残されている。前述の標準的共通単位について、戦国期の場合では西国の厳島(いつくしま)社領に1反=500文という標準がみられ、東国の後北条(ごほうじょう)氏領国においても同様の傾向が指摘できる。また貫高は、年貢高表示にとどまらず、戦国大名による村落や家臣団(領主層)の所領高などを把握する際の基準として機能していった。のち豊臣(とよとみ)秀吉の全国平定により石高制が成立するが、なお東国では永楽銭(えいらくせん)の価値を基準に年貢高を算定・換算する貫高として永高(えいだか)表示が残った場合もみられ、近世においても幕府による永高や、米1石を銭1貫文の換算基準とした西国における毛利(もうり)氏の「石貫銭(こくかんせん)」の採用など、貫高が与えた影響は大きい。[久保田昌希]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐だか クヮン‥【貫高】
〘名〙 中世後期の地頭御家人役賦課の統一基準設定のためつくられた所領高。所領から得られるもろもろの収益(得分)をすべて銭に換算し、それを土地に割りつけて表示した所領高。鎌倉時代末、北条氏の所領でみられ、建武政権・室町幕府のもとで、地頭御家人領で、その所領の貫高を基準に役銭が賦課される体制がつくられた。戦国大名はこれを継承して、家臣の軍役賦課としての貫高制を完成させるとともに、郷村などに検地をおこなって、貢租基準としての貫高制をつくりはじめた。この銭と同じ機能を米にもたせ、土地の高としたものが石高制である。〔地方凡例録(1794)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

貫高
かんだか
室町時代,銭に換算した年貢収納量により所領の広さを示したもの
鎌倉末期以降,貨幣経済が進展し,年貢の銭納(分銭 (ぶんせん) )が広まるにつれ,銭で納める年貢の額(〇貫〇〇匁 (もんめ) )で土地の広狭やねうちを表すようになり,これを貫高という。おもに関東地方で行われた。貫高は貢納高で,年貢率の相違などにより何反何歩とは換算できない。また桃山・江戸時代に用いられた石高は収穫高を基準としたもの。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貫高」の用語解説はコトバンクが提供しています。

貫高の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation