@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

貯水池【ちょすいち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

貯水池
ちょすいち
reservoir
発電,灌漑上水道治水などの目的で,ダムなどにより河川の水をためておく。貯水池の必要性は,水源としての河川などの水量年間を通じて変動が激しく,常時必要な取水が期待できないときに起ってくる。したがって,水源が地下水や湖沼のように常なものには貯水池は必要としないことが多い。河川をせきとめて,そこに貯水池をつくるのと,別の適当な場所に水を引いてきてためる方式とがある。奥多摩湖狭山湖などは東京都の上水道水源として有名である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょすい‐ち【貯水池】
上水道・発電農業用水などに用いるため、水をためておく人工池

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょすいち【貯水池 reservoir】
河川の水を貯留し,渇水時に河川の流量が減少したときには,貯留した水を放流して水量を補給する機能をもった人工の湖。山間部などで,ダムで河川の水をせき止めてつくられる。小規模なものを溜池という。渇水時に上水道用,農業用または発電用に水を補給するためのものであるが,近年は洪水調節を目的に含む貯水池がつくられており,洪水期には貯水池の水位を下げておき,洪水を貯留することによって下流の洪水被害を軽減するとともに,水利用にも役だてようとしたものがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちょすいち【貯水池】
水道・発電・灌漑かんがいなどのための水をためておく人工の池。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

貯水池
ちょすいち
reservoir
ダムの築造によりつくられる人工的な湖。貯水池は豊水期に河川水を貯留し、渇水期に放流して河川の流況の季節変化を調整し、河川水の有効利用を図り、水利用の安定性を高めるためにつくられる。洪水調節のためにつくられる貯水池もある。川 登]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょすい‐ち【貯水池】
〘名〙 川の流れをせきとめたり、水路などでひきこんだりした水を貯えておく人工の池。上水道・水力発電・灌漑・消火など、さまざまに用いる。〔五国対照兵語字書(1881)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貯水池」の用語解説はコトバンクが提供しています。

貯水池の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation