@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

貴乃花光司【タカノハナコウジ】

デジタル大辞泉

たかのはな‐こうじ〔‐クワウジ〕【貴乃花光司】
[1972~ ]力士。第65代横綱。東京都出身。本名、花田光司。17歳2か月で十両昇進、19歳5か月で幕内優勝、20歳5か月で大関昇進など、数々の最年少記録を更新。兄の若乃花とともに一時代を築いた。優勝22回。引退後、一代年寄貴乃花を襲名。二子山部屋を貴乃花部屋と改称。→第64代横綱 →第66代横綱若乃花

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

貴乃花光司 たかのはな-こうじ
1972- 平成時代の力士。
昭和47年8月12日生まれ。貴ノ花利彰次男若乃花勝。昭和63年父の藤島(現二子山)部屋に入門。十両昇進(17歳2ヵ月),新入幕(17歳8ヵ月),幕内優勝(19歳5ヵ月),大関昇進(20歳5ヵ月)と最年少記録を更新して平成7年65代横綱となる。15年引退。優勝回数22回。一代年寄貴乃花がおくられた。16年二子山部屋を継承して貴乃花部屋をひらく。東京出身。しこ名ははじめ貴花田。本名は花田光司。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

貴乃花光司
たかのはなこうじ
(1972― )
第65代横綱。東京都生まれ。本名花田光司。明治大学付属中野中学校を卒業。父は11代二子山(ふたごやま)親方の元大関貴ノ花(1950―2005)、伯父は元横綱の初代若乃花、兄も元横綱の3代目若乃花という相撲(すもう)一族。1988年(昭和63)中学3年で父の藤島(ふじしま)部屋(後の二子山部屋)に入門し、同年春場所で初土俵、1989年(平成1)夏場所に16歳9か月の史上最年少で幕下優勝、同年九州場所で十両昇進。以後、1990年新入幕、1991年横綱千代(ちよ)の富士を破り初金星、十代力士として小結、関脇、幕内優勝、20歳5か月で大関と数々の最年少昇進記録を更新し、右四つのオーソドックスな取り口で「角界のプリンス」といわれた。1994年秋・九州場所に連続全勝優勝して横綱昇進した。2003年(平成15)1月引退。一代年寄貴乃花を襲名。優勝22回、通算成績794勝262敗201休。2004年2月、二子山部屋を継承、貴乃花部屋と改称した。2018年、日本相撲協会を退職。[向坂松彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貴乃花光司」の用語解説はコトバンクが提供しています。

貴乃花光司の関連情報

関連キーワード

新藤兼人田中角栄内閣中原佑介佐藤栄作内閣田中角栄内閣堀内恒夫ヨルゲンセンシェンク磯田光一エクリチュール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation