@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

貴志川【きしがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

貴志川
きしがわ
和歌山県北部,紀の川市南西部の旧町域。紀ノ川支流貴志川下流域にある。1955年東貴志村,中貴志村,西貴志村,丸栖村の 4村が合体して町制。2005年打田町,粉河町,那賀町,桃山町の 4町と合体して紀の川市となった。地名河川名にちなむ。貴志川が先行性の峡谷をなし,南部の大国主神社付近は貴志川ラインとも呼ばれ,ゲンジボタルの名所として知られる。米作のほか果樹の栽培が行なわれる。和歌山市への通勤者が増加し,住宅地化が進んだ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貴志川
きしがわ
和歌山県北部の川。紀ノ川最大の支流。高野山に源を発し,上流部は古い断層線に沿って穿入蛇行しながら南西に流れ,紀美野町北西部の野上付近の渓谷を経て北流,のち山田川,柘榴川(ざくろがわ)を合わせ,紀の川市西部で紀ノ川に注ぐ。全長約 45km。河川の争奪があり,紀ノ川との合流点付近はかつて洪水常襲地であった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きし‐がわ〔‐がは〕【貴志川】
和歌山県北部を流れる川。紀ノ川最大の支流。高野(こうや)山弁天岳(標高985メートル)に源を発して西流し、途中真国(まくに)川を合わせて海南市東部で向きを北東に変え、岩出(いわで)市南部で紀ノ川に合流する。長さ39キロ。下流はモモ産地

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きしがわ【貴志川】
和歌山県北部を流れる川で,紀ノ川最大の支流。全長39km。高野山に源を発して西に流れ,海南市沖野々で流路を大きく北に転換し,貴志川町を経て岩出町で紀ノ川に合流する。沖野々より上流は,野上谷と呼ばれ,低い分水嶺を越えて海南市の日方川の谷に至るが,河川争奪があったため貴志川に大きな曲流が生じたと解釈されている。野上谷一帯は,近世以来,シュロの栽培が行われ,下流部ではたわし,ほうき,縄の生産が盛んであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

貴志川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

貴志川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation