@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

買掛【かいがかり】

精選版 日本国語大辞典

かい‐がかり かひ‥【買掛】
※俳諧・桃青三百韻附両吟二百韻(1678)「のやごろさねだり来にけり〈信徳がかりしれぬ憂名を付かけて〈芭蕉〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かい‐がか・る かひ‥【買掛】
〘他ラ四〙 掛けで品物を買う。掛け買いをする。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第九「買懸る松はもとより否(いや)になる 天神ぐらいがよい遊びもの」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かい‐かけ かひ‥【買掛】
〘名〙 現金でなく、掛けで品物を買うこと。また、その代金。掛け買い。かいがかり。⇔売掛

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

買掛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

買掛の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation