@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

貸付【カシツケ】

デジタル大辞泉

かし‐つけ【貸(し)付(け)】
金額・利率・期間・担保の種類などを定め、多くは約束手形や借用金証書をとって資金を貸したり、損料・使用料・期間などを定め、物品や権利を貸したりすること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐ふ【貸付】
[名](スル)金銭・土地・建物などを貸し付けること。「資金を貸付する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

貸付
かしつけ

銀行が一定期日後に償還することをあらかじめ契約して取引先に資金を供与すること。厳密には手形貸付、証書貸付、当座貸越の三者を貸付といい、この貸付に手形割引を加えたものを貸出と総称する。すなわち、貸付は貸出より狭い概念ということになる。

[那須正彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かし‐つけ【貸付】
〘名〙
① 金品を貸してやること。期限や利子、料金などを定めて、金品を貸すこと。
※牧民金鑑‐一二・御貸附金・寛政五年(1793)一二月「都而御貸附取扱候御代官えは、利金歩合被下候に付」
② 返してもらう約束で、ある物を他人に交付し、または、その物の使用や収益を許容すること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かし‐つ・ける【貸付】
〘他カ下一〙 かしつ・く 〘他カ下二〙 金品を貸してやる。期限や利子、料金などを定めて、金品を貸す。
※滑稽本・古朽木(1780)二「人に貸付候ては返金之所心許無く存候に付」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐ふ【貸付】
〘名〙 金銭、土地、建物などを貸し付けること。
※朝日新聞‐明治一四年(1881)一一月一三日「無賃にて之を会社に貸付(タイフ)すべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貸付」の用語解説はコトバンクが提供しています。

貸付の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation