@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

貸出金利【カシダシキンリ】

デジタル大辞泉

かしだし‐きんり【貸(し)出(し)金利】
銀行などの金融機関が、企業や個人に資金を貸し出すときの利息
[補説]企業の業績や個人の資産状況によって利率は異なる。通常、年率で計算する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かしだしきんり【貸出金利】
銀行などの金融機関が顧客貸出しを行う場合の利子率。その水準は,銀行の信用供与,企業の投資行動を通じ,経済活動全般に大きな影響を及ぼす。日本の現行法上は,利息制限法,〈出資の受入れ,預り金及び金利等の取締りに関する法律(出資法)〉,臨時金利調整法により最高限度規制がなされている。しかし通常の企業向け貸出しについてみれば,諸規制中最低の臨時金利調整法にもとづく規制上限でも十分高い水準にあるため,事実上,法規制の存在が意識されることはない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

貸出金利」の用語解説はコトバンクが提供しています。

貸出金利の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation