@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

貸本屋【カシホンヤ】

デジタル大辞泉

かしほん‐や【貸(し)本屋】
料金を取ってを貸し出す職業。また、その人。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かしほんや【貸本屋】
図書・雑誌などを期限を定めて有料で貸し出す職業をいう。貸本店ともいう。貸本屋は,江戸時代寛永年間(1624‐44)以降,しだいに民衆向けのかな書き中心の小説,実用書,娯楽読物が出版されるようになり,それらを売り歩く行商本屋の兼業として始まったとみられる。1703年(元禄16)刊の雑俳集《すかたなそ》に〈借り本の書出しか来ル年堺イ〉とあり,江戸中期以後は全国的に広がり,小説類,浄瑠璃本,歌舞伎脚本,軍談実録などは貸本屋を通じて読まれるのが一般的になった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

貸本屋
かしほんや
書物を見料をとって貸す本屋。江戸時代の寛永(かんえい)(1624~44)のころから書物の行商人が現れ、貸本も兼業した。元禄(げんろく)(1688~1704)のころには貸本専業の者も出現、漸次増加した。1808年(文化5)の記録によると、江戸に日本橋南組・本町組・神田組など12組の貸本屋組合があり、合計656人が加入していた。当時、大坂には300人の貸本屋がいたと伝えられる。また地方城下町、在郷町、温泉場など至る所に現れた。貸本屋が扱った書物は小説、軍書の類が主で、曲亭馬琴(ばきん)、為永春水(ためながしゅんすい)らの作品は貸本屋を通じて多くの読者を得た。見料は、一概にはいえないが、新刊本の場合15日間で売り値の6分の1ほど。貸本屋は多く零細な営業であったが、なかには名古屋の大野屋惣八(そうはち)のように2万部以上の貸本をもつ業者もいた。
 貸本業は明治に入っても盛んで、庶民の読書に大きく貢献した。また、学生相手の学術書・参考書の貸本屋も現れたが、これは公共図書館の普及にとってかわられた。庶民相手の貸本屋は、これまで貸本を何十冊と背負って顧客の家を回って歩く形式であったのが、店頭貸出しになるという変化があったとはいえ、絶えることなく続き、とくに第二次世界大戦後は漫画本、大衆小説を貸本として、戦後大衆文化の展開に大きな役割を果たした。[今田洋三]
『長友千代治著『近世貸本屋の研究』(1982・東京堂出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

貸本屋
一定の料金を徴収して本や雑誌の貸出商売にする業者.日本の貸本屋の起源は江戸元禄期にまで遡り,文化文政期以降に普及する.この時代の貸本屋は,娯楽読物中心であったが,若干の教訓もの,歴史,地誌紀行書も含んでおり,書物を背負って得意先を訪問する形が多かった.明治以降は,書物の形態も洋装本仕立てが主流になるとともにその営業方法も店舗を構えて客を待つ方式がとられるようになった.第二次大戦後は1959(昭和34)年頃をピークとして栄え,保証金をとり,小説,漫画,雑誌を中心として貸し出していた.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かしほん‐や【貸本屋】
〘名〙 料金を取って本を貸し出す職業。また、その人。江戸時代から明治初期にかけては、読本、草双紙などを大風呂敷に包み、得意先を貸し歩いた。
※雑俳・芥子かのこ(1716‐36)「ていねいに毛貫を戻す貸本屋」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貸本屋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

貸本屋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation