@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

費用逓減産業【ヒヨウテイゲンサンギョウ】

デジタル大辞泉

ひようていげん‐さんぎょう〔‐サンゲフ〕【費用逓減産業】
総費用に占める固定費割合が非常に大きく、生産量が増加するほど平均費用が減少するという特性を持つ産業。
[補説]大規模な設備投資や研究開発が必要となるため新規参入が困難で、自然独占が生じやすい。鉄道・電力・通信など公共性の高い分野では、政府による規制が必要とされてきたが、技術革新需要の拡大に伴って、自由化による競争の導入が進められている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

費用逓減産業」の用語解説はコトバンクが提供しています。

費用逓減産業の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation