@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

賀茂氏【かもうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

賀茂氏
かもうじ
鴨氏」とも書く。古代族名。賀茂氏を称する氏は多く,おもなものに賀茂県主と三輪氏族の賀茂君がある。 (1) 賀茂県主は山城国の神別の出身で山城国愛宕郡に拠り,上下賀茂社の神官として栄えた。 (2) 賀茂君は大和国神別天孫の出身。大和国葛上郡鴨の地に発し,大族で陰陽道の賀茂氏のとなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かもうじ【賀茂氏】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

賀茂氏
かもうじ

古代の氏族。鴨、加茂とも称し、同姓の氏族が各地に分布するが、山城(やましろ)国(京都府)葛野(かどの)、大和(やまと)国(奈良県)葛城(かずらき)を本拠とする2氏が有名である。記紀などの古伝承によれば、前者は神武(じんむ)東遷伝説にみえる八咫烏(やたがらす)を祖とする葛野主殿県主(とのもりあがたぬし)であり、本来は薪炭・水を朝廷に供することを任務とした。律令(りつりょう)体制下では主殿寮主水司(もいとりのつかさ)に属した。また『山城国風土記(ふどき)』逸文により賀茂神社(京都市)との深い関係が考えられる。後者は大国主命(おおくにぬしのみこと)の子孫大田田根子(おおたたねこ)の後裔(こうえい)大賀茂都美(つみ)を祖とし、三輪(みわ)氏と同族とされている。『新撰姓氏録(しんせんしょうじろく)』逸文によれば、賀茂神社(奈良県御所(ごせ)市)を奉斎し、賀茂と称したとある。姓(かばね)は君(きみ)で684年(天武天皇13)に朝臣(あそん)となる。葛野・葛城の両賀茂氏の関係についてはさだかではない。

[関 和彦]

『井上光貞著『日本古代国家の研究』(1965・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

賀茂氏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

賀茂氏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation