@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

賀茂真淵【かもの まぶち】

美術人名辞典

賀茂真淵
江戸中期の国学者歌人遠江浜松生。荷田春満の門。田安宗武に仕えたが辞し、浜町県居に住し幾多の著述を完成すると共に、本居宣長ら多くの門人を養成する。『万葉集』を中心とした古典研究など近世国学及び和歌史上大きな足跡を残し、国学の四大人の一人とされる。明和6年(1769)歿、73才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

かも‐の‐まぶち【賀茂真淵】
[1697~1769]江戸中期の国学者・歌人。遠江(とおとうみ)の人。岡部氏。号、県居(あがたい)。荷田春満(かだのあずままろ)に学び、国学四大人の一人といわれる。田安宗武に仕え、広く古典を研究し、復古主義を唱えた。門人に本居宣長らがいる。著「万葉考」「祝詞考」「冠辞考」「歌意考」「国意考」「賀茂翁家集」など。
[補説]門人は県門(けんもん)と称される。→県門の三才女県門の四天王

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

賀茂真淵 かもの-まぶち
1697-1769 江戸時代中期の国学者,歌人。
元禄(げんろく)10年3月4日生まれ。荷田春満(かだの-あずままろ)にまなぶ。春満の死後江戸にでて,延享3年田安宗武(むねたけ)に国学をもってつかえる。「万葉集」を中心に古典を研究,日本の古代精神(古意(いにしえごころ)・古道)の意義を強調した。また万葉風の歌をよみ,歌壇に影響をあたえた。門人に本居宣長(もとおり-のりなが)らがいる。明和6年10月30日死去。73歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。本姓は岡部。名は春栖,政躬,政藤。通称は参四など。別号に県居(あがたい)。著作に「国意考」「万葉考」など。
【格言など】いにしえは,丈夫(ますらお)はたけくおおしきを,むねとすれば,歌もしかり(「歌意考」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

かものまぶち【賀茂真淵】
1697‐1769(元禄10‐明和6)
江戸中期の国学者。遠江国浜松庄岡部郷に生まれる。通称三四,衛士,名は政躬,政藤,春栖,淵満と変えている。県居(あがたい)と号す。生家は賀茂神社の神職岡部家の分家で,京の賀茂神社の摂社の神職片岡師重を始祖とする。真淵は同族岡部政長の養子となるが,1724年(享保9)妻と死別し実家にもどり,翌年浜松の脇本陣梅谷家に入婿となる。32年実父政信が没したのち,梅谷家を出て学問の道にすすむ。真淵は11歳より,荷田春満(かだのあずままろ)の門人杉浦国頭(くにあきら)について手習いをはじめる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

賀茂真淵
かものまぶち
[生]元禄10(1697).3.4. 遠江,浜松
[没]明和6(1769).10.30. 江戸
江戸時代中期の国学者,歌人。神職岡部政信の次男。俗姓は岡部,幼名は三四 (そうし) ,のち実名を政躬,真淵などと称し,衛士,県主,県居大人などと号した。 30歳の頃,浜松の脇本陣梅谷家の養子となった。早くから文学に親しみ,和漢の学を修めて,荷田派の古学や古文辞学派の影響を受け,特に漢詩や和歌に才能を発揮した。ときどき上京して荷田春満に学び,40歳の頃,江戸に出て浪々の生活をおくりつつ学事に努めた。 50歳のとき,和学をもって田安宗武に仕え,古典の研究,古道の復興,古代歌調の復活に没頭,特に『万葉集』の研究にめざましい業績を示し,万葉調歌人としても特色をみせた。本居宣長,荒木田久老,村田春海,加藤千蔭,楫取魚彦など国学,和歌双方にわたり門下が多い。国学の体系を示す論著である『歌意考』 (1764) ,『国意考』 (65) ,『語意考』 (69) ,注釈書の『祝詞考』 (68) ,『万葉考』 (68) などが代表的な著作である。その他の著作『伊勢物語古意』 (53) ,『冠辞考』 (57) ,『源氏物語新釈』 (58) ,『古今和歌集打聴』 (64) ,『国歌八論憶説』『岡部日記』『後の岡部日記』など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

賀茂真淵 (かものまぶち)
生年月日:1697年3月4日
江戸時代中期の国学者;歌人
1769年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かも‐の‐まぶち【賀茂真淵】
江戸中期の国学者、歌人。遠江の人。岡部氏。名は春栖(はるすみ)。通称衛士。号県居(あがたい)。荷田春満(かだのあずままろ)に学び、田安宗武に仕える。万葉集を主とする古典の研究を行ない、古道の復活を唱道。学風は実証的であると同時に独創性に富む。また万葉調の歌にすぐれた。門弟に本居宣長、加藤千蔭など。主著「万葉考」「国意考」「歌意考」「冠辞考」「祝詞考」など。元祿一〇~明和六年(一六九七‐一七六九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

賀茂真淵
かものまぶち
1697〜1769
江戸中期の国学者・歌人
号は県主 (あがたぬし) ・県居大人 (あがたいのうし) 。遠江 (とおとうみ) (静岡県)浜松の神官の子。37歳で上京し,荷田春満 (かだのあずままろ) の門で国学を学んだ。春満没後41歳で江戸に出,50歳のとき田安宗武に仕えた。『万葉集』を研究し,『万葉考』『歌意考』『にひまなび』『国意考』などを著し,歌人として「万葉調」を主唱江戸派歌壇の重鎮となった。加藤千蔭・村田春海・本居宣長・荒木田久老 (ひさおゆ) などはその門下。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

賀茂真淵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

賀茂真淵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation