@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

賀茂競馬【かものけいば】

世界大百科事典 第2版

かものけいば【賀茂競馬】
京都市北区上賀茂鎮座の賀茂別雷(わけいかずち)神社で行われる5月5日の競馬神事。〈かものくらべうま〉ともいう。1093年(寛治7),堀河天皇勅願により,天下泰平五穀豊穣を祈願して,毎年5月5日の節日に武徳殿で衛府官人の奉仕してきた競馬会の宮廷行事を当社に移し始められたという。神社境内の一の鳥居の西から二の鳥居までの芝生の内で行われ,馬場本の桜は出馬の木,馬場末カエデを勝負決定の木とした。この競馬は,まず5月1日に出場する20頭の馬が集まり,浄衣姿の乗尻(のりじり)(騎手)が走らせて,その遅速を調べ,左右の組合せ順番を決める足揃(あしぞろい)のがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

賀茂競馬
かものけいば

京都市北区上賀茂の賀茂別雷(わけいかずち)神社に古来伝えられている競馬(くらべうま)の神事。当社は平安遷都以前からこの地に祀(まつ)られている神社で、古くから意義深い神事を種々営んできたが、1093年(寛治7)朝廷の当社崇敬が急に高まった時期に、天下泰平・五穀豊穣(ほうじょう)の祈願として、5月5日の節日に宮中武徳殿の儀式を模して当社の神官たちに執行させることになったのが競馬神事だと伝えている。この競馬は10番の編成となっており、諸国にある賀茂社領荘園(しょうえん)の名を20匹の馬に付してよんだ。馬場は一の鳥居の西から二の鳥居までの芝生とし、走路の両側に埒(らち)を設け、神事のしるしとして東側中央に頓宮(とんぐう)(仮屋(かりや))を建て、番数だけ鉾(ほこ)を立て並べ、見物席は西側の桟敷(さじき)としてあった。馬場に沿って3本の木を植え、初めの1本を馬出しの木、中ほどを三つ鞭(むち)の木、終わりの1本を勝負の木とよんだ。また騎手を「乗尻(のりじり)」、審判者を「念人(ねんじん)」、賞を「禄(ろく)」といい、4日前には「足揃(ぞろ)えの儀」があり、当日にも細かい式作法が定められている。

[萩原龍夫]

『「日本歳事全史」(『江馬務著作集 第8巻』1977・中央公論社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

賀茂競馬
かものくらべうま
競馬」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

賀茂競馬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

賀茂競馬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation