@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

賀茂【かも】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

賀茂
かも
静岡県東部,西伊豆町北部の旧村域。伊豆半島西岸にある。 1956年宇久須 (うぐす) 村と安良里 (あらり) 村が合体して賀茂村が成立。 2005年西伊豆町と合体。中心集落の宇久須は駿河湾の一漁港,北にある全国有数のケイ石鉱山 (→伊豆ケイ石鉱山 ) の鉱石積出港でもある。さらに富士山の展望と海水浴,キャンプの適地に恵まれた温泉地として発展している。南部の安良里は西伊豆の避難港の一つ。付近ではカーネーショングラジオラスなどの温室促成栽培が行なわれる。黄金崎からの富士山の眺望は特にすばらしい。一部は富士箱根伊豆国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かも【賀茂/鴨】[地名]
京都市北区・左京区にわたる賀茂川流域。上賀茂・賀茂・下鴨の辺り。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かも【賀茂/加茂】[謡曲]
謡曲。脇能物金春禅竹(こんぱるぜんちく)作。播磨(はりま)の室(むろ)の明神神職賀茂神社に参詣すると、御祖神(みおやのしん)と別雷神(わけいかずちのかみ)が現れ、神徳を説く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かも【賀茂】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かも【賀茂】
[一] 賀茂神社のこと。
※古今(905‐914)恋一・四八七「ちはやぶるかものやしろのゆふだすきひとひも君をかけぬ日はなし〈よみ人しらず〉」
[二] 京都市北区上賀茂と、左京区下鴨のこと。
※俳諧・皮籠摺(1699)下「下やみに賀茂の麦食尋けり〈涼菟〉 下闇や鳩根情のふくれ声〈キ角〉」
[三] 謡曲。脇能物。各流。金春禅竹(こんぱるぜんちく)作。古名「矢立鴨」。播磨国室の明神の神職が賀茂明神に参詣し、水汲の女から白羽の矢のいわれを聞く。やがて御祖(みおや)の神(しん)と別雷神(わけいかずちのかみ)が現われ、国土を守るさまを見せる。
[四] 静岡県の東部、伊豆半島南部の郡。
[五] 広島県の中南部にあった郡。加茂とも書いた。現在の東広島市を中心とする地域にあたる。
[六] 播磨国(兵庫県)中央部の旧郡名。平安末・鎌倉前期ごろ、東西二郡に分かれ、のちそれぞれが加東郡・加西郡となった。〔播磨風土記(715頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

賀茂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

賀茂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation