@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

資本形成【しほんけいせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

資本形成
しほんけいせい
capital formation
経済理論でいう投資と同じ概念で,現存する建物,構築物,機械設備,船舶車両などの有形固定資産および原料燃料,半製品,仕掛品,製品などの棚卸資産への新たな追加を意味する。有形固定資産の追加を固定資本形成,棚卸資産への追加を在庫品増加という。また資本形成の主体によって民間企業,個人,政府というように区分することもできる。日本の国民経済計算における資本形成は,大きく国内総固定資本形成 (工業設備,住宅など) と在庫品増加 (在庫投資) に分れ,それぞれが主体別に民間,政府に区分されて推計される。資本形成の源泉貯蓄で,貯蓄は資本減耗引当て,法人留保,個人貯蓄,政府経常余剰から成る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しほんけいせい【資本形成】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

資本形成」の用語解説はコトバンクが提供しています。

資本形成の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation