@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

資治通鑑【しじつがん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

資治通鑑
しじつがん
Zi-zhi tong-jian; Tzǔ-chih t`ung-chien
中国の編年体 (→年代記) の史書。 294巻。北宋司馬光畢生の力を注ぎ,19年余の歳月をかけて,元豊7 (1084) 年に完成したもの。戦国時代初め (前 403) から五代の終り (959) までの 1362年間にわたる史実を資料の厳密な批判と考証を行なって叙述されており,現在でも史料選択の正確さが推賞されている。初め『通志』と名づけたが,政治の貴重な参考となるという味で,神宗からこの名を下賜された。元代に胡三省の注が出ている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しじつがん〔シヂツガン〕【資治通鑑】
中国、代の歴史書。294巻。司馬光撰。1084年完成。威烈王の前403年から、後周の世宗の959年までの1362年間の君臣事績編年体で記したもの。名著の評高く、為政上の鑑(かがみ)と賞されてこの名を賜った。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しじつがん【資治通鑑 Zī zhì tōng jiàn】
中国,北宋の司馬光が編んだ歴史書。全294巻。〈しちつがん〉とも読まれる。戦国時代から五代に至る,前後16王朝,1362年間にわたる治乱のあとを記した編年体の通史。はじめは個人の著述として着手されたが,のちに通史編纂のための史局の設置,宮廷の図書の自由な閲覧,いっさいの必要経費の支出といった,国家の全面的援助を受け,時の皇帝神宗はまだできあがらないうちから《資治通鑑》という題名と御製のまで与えている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しじつがん【資治通鑑】
中国の編年体の通史。二九四巻。北宋の司馬光編著。1084年完成。紀元前403年(戦国時代の始まり)から五代末の959年までの歴史を膨大な史料を駆使し、一貫した見識のもとに記す。書名は君王の政治に資する鑑かがみとなる書の意で、神宗から賜ったもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

資治通鑑
しじつがん
中国の歴史書。司馬光(しばこう)著。294巻。北宋(ほくそう)の英宗の勅を受けて1065年編集に着手、19年をかけて84年に完成、神宗に献じた。歴代の事績を明らかにし、皇帝の政治の参考に供する意味で名づけられた。周の威烈王23年(前403)から五代後周(こうしゅう)末(959)まで1362年間の史実を編年体で記述し、政治、経済、軍事、地理、学術など広く各分野にわたっている。300を超える膨大な原史料から彼の儒教的歴史観に基づいて編集し、優れた文体で叙述され、中国の代表的な史書である。すでに散逸した根本史料を含む唐・五代の部分の史料的価値は大きい。南宋末元初の人胡三省(こさんせい)が30年を費やして作成した注釈は本書の価値をさらに高めている。[柳田節子]
『田中謙二注『中国文明選1 資治通鑑』(1974・朝日新聞社) ▽頼維勤・石川忠久編『中国古典文学大系14 資治通鑑選』(1970・平凡社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しじつがん シヂツガン【資治通鑑】
中国の編年書。二九四巻。宋の司馬光撰。英宗の命で治平二年(一〇六五)着手、元豊七年(一〇八四)完成し神宗に献上。はじめ「通志」と称したが、治世に役立ち、為政上の鑑(かがみ)と賞され、勅号を賜わった。戦国時代から五代末まで一三六二年間の編年通史で、周紀に始まり後周紀で終わる。「左氏伝」を手本に「春秋」の書きつぎを目し、正史をはじめ実録、物語など三二二種を資料参考にしている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

資治通鑑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

資治通鑑の関連情報

関連キーワード

入会権テネシン財産区デメトリオス(1世)不動産利用権原子量一覧/元素名順カッシーニ韓国旅客船沈没事故漢方薬ベスト電器

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation