@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

資産評価【しさんひょうか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

資産評価
しさんひょうか
資産価額会計帳簿および貸借対照表に記載すること。貸借対照表上の資産の部は,流動資産固定資産繰延資産の三つの項目に区分される。通常,資産の評価基準は取得価額が原則であるが(会社計算規則5条1項),事業年度の末日における時価取得原価より著しく低い資産については,事業年度の末日における時価を付す。また,予測できない減損が生じた資産等については,その時の取得原価から相当の減額をした額を付す。債権の評価は,その債権金額が原則であるが,取り立て不能のおそれがある債権については,取り立てることができないと見込まれる額を控除しなければならない。事業年度の末日における時価が取得原価よりも低い資産や,市場価格のある資産(ただし子会社などの株式や満期保有目的の債券を除く),また時価または適正な価格を付すことが適当な資産については,事業年度の末日においてそのときの時価または適正な価格を付すことができる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しさん‐ひょうか〔‐ヒヤウカ〕【資産評価】
企業会計で、資産の価額を一定時点において算定すること。評価の基準には原価基準取得原価)を用いることが多いが、時価基準、または低価基準(原価と時価とを比較していずれか低いほうをとる方法)を用いる場合もある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しさんひょうか【資産評価】
資産の金銭価額を算定すること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しさん‐ひょうか ‥ヒャウカ【資産評価】
〘名〙 企業会計で、資産の価額を一定時点において算定すること。原則として取得原価によるが、時価、または原価と時価とを比較していずれか低い方をもって評価の基準とする場合もある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

資産評価」の用語解説はコトバンクが提供しています。

資産評価の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation