@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

資金【シキン】

デジタル大辞泉

し‐きん【資金】
事業の元手や経営のために使用される金銭。もとで。「営業資金」「資金難」
特定の目的のために用意され使われる金銭。「住宅資金」「育英資金

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しきん【資金】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しきん【資金】
もとでとなる費用。事業の運営や特定の活動に必要な費用。 運転- 育英-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

資金
しきん
fund
一般には元手のことをいい、使用目的をもって保有されている貨幣か、容易に貨幣にかえられる金融資産のことである。それが具体的にどのような形態をとるかによって、多様な意味に使われる。
 経済活動を営むには資金が必要であり、その資金は経済活動の主体によって財政資金、産業資金、消費資金に分けられる。財政資金は国や地方公共団体の活動のために必要とする資金である。産業資金は企業の生産・販売などの活動に要する資金で、使途によって設備資金と運転資金に、回収に要する期間によって長期資金と短期資金に、資金の源泉によって内部資金と外部資金に分けられる。消費資金は家計によって消費に向けられる資金である。[石野 典]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐きん【資金】
〘名〙
① 事業のもとでにあてる金銭。もときん。もとで。資本金。
※明六雑誌‐二二号(1874)知説・四〈西周〉「百万の資金も之を妄用すれば一時に空乏に至るべし」
② 国の財政上、特定の目的、用途にあてるために保有される金銭。特別資金。基金。法律で定める場合に限り保有することができる。
※会計法(明治二二年)(1889)四条「各官庁に於ては法律勅令を以て規定したるものの外特別の資金を有することを得ず」
③ 商業関係の用語。小切手または為替手形の振出人が、その手形の金額支払いにあてるために、前もって支払人である銀行などに提供する金銭的対価。手形資金。〔商法(明治三二年)(1899)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

資金」の用語解説はコトバンクが提供しています。

資金の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation