@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

賜杯【シハイ】

デジタル大辞泉

し‐はい【賜杯】
臣下に杯をたまわること。また、その杯。特に、叙勲の際に授けられる杯。
天皇皇族などが競技試合などの勝者に与える優勝杯

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

賜杯
しはい
国の栄典の一つ。賜は銀杯または木杯であり、勲章・褒章と同様に、内閣の助言と承認により天皇が授与する。賜杯には、勲章にかわる賜杯(菊紋)と褒章にかわる賜杯(桐(きり)紋)の2種類がある。勲章にかわる賜杯は、すでに勲章を授与されている者が、その後の功労ではすでに授与されている勲章より上位の勲章を授与するに若干不足していると認められる場合、または勲等に叙するよりも銀杯または木杯を授与することがふさわしいと認められる場合等である。褒章にかわる賜杯は、褒章条例により、表彰されるべき者が死亡したときに、その遺族に銀杯を授与して死亡者を追賞する場合、または公益のための私財寄付が多額(2000年現在1500万円以上)であったときに、紺綬(こんじゅ)褒章にあわせて木杯を授与する場合、とがある。[内閣府賞勲局]
 なお、大相撲における優勝賜杯(天皇杯)は、1925年(大正14)、摂政宮(せっしょうのみや)(昭和天皇)の御下賜金によりつくられたもので、国の栄典とは無関係である。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐はい【賜杯】
〘名〙
① 臣下に杯を賜わること。また、その杯。
② 天皇や皇后などから競技や試合などの勝者におくられる優勝杯。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

賜杯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

賜杯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation