@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

賤ヶ岳【しずがたけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

賤ヶ岳
しずがたけ
滋賀県北部,琵琶湖北岸の長浜市にある標高 422m。柴田勝家羽柴秀吉豊臣秀吉)が戦った七本槍古戦場として有名(→賤ヶ岳の戦い)。合戦旧跡も多い。頂上からの眺望は賤ヶ岳の大観として琵琶湖八景の一つ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しずがたけ【賤ヶ岳】
〈しずがだけ〉ともいう。滋賀県北部,伊香郡木之本町にある山。標高422m。北は余呉(よご)湖,南は琵琶湖の塩津湾に臨み,山頂からの眺望がすばらしく,〈新雪賤ヶ岳の大観〉として琵琶湖八景の一つに数えられ,琵琶湖国定公園に含まれる。1583年(天正11)羽柴秀吉が柴田勝家の軍勢を破った賤ヶ岳の戦の古戦場で,山頂の戦跡碑(1878建立)が賤ヶ岳七本槍の武勇を伝えている。塩津湾に面する山梨子(やまなし)は賤ヶ岳の戦の落人集落といわれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

賤ヶ岳
しずがたけ
滋賀県北部、長浜市(ながはまし)にある山。標高422メートル。北に余呉(よご)湖、南に琵琶(びわ)湖を臨み、北国街道、塩津街道を抑える戦略上の要地であった。1583年(天正11)羽柴(はしば)(豊臣(とよとみ))秀吉と柴田(しばた)勝家との合戦の場として知られる。琵琶湖八景「新雪、賤ヶ岳の大観」の地で展望に優れ、東麓(とうろく)の木之本町大音(きのもとちょうおおと)から登山リフトがある。なお、賤ヶ岳一帯の山地は長く交通上の障害となっていたが、1927年(昭和2)賤ヶ岳トンネルが完成し東西が結ばれ、現在国道8号が通じている。[高橋誠一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しず‐が‐たけ〔しづ‐〕【賤ヶ岳】
滋賀県、琵琶湖北岸の山。標高422メートル。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

賤ヶ岳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

賤ヶ岳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation