@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

質屋【しちや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

質屋
しちや
pawnbroking
担保を取って資金を貸付ける金融機関。その正確な定義は取締る法規によって異なるが,世界各地に古くから存在した。屋のもつ基本的な魅力は,よそでは担保になりにくい身の回り品を担保にして手軽に金を借入れることができ,借金を更新することで担保品を手放さずにすむことである。しかし,その営業を野放しにすると悪質な者がはびこりやすい職種でもあるので,古くから取締りはきびしく行われている。日本においては,奈良,平安時代に土地などの質入れが行われ,大宝令に質の最高利息額を定めているほどであるが,これは寺院や富豪などによるもので,専門的な質屋のようなものが発生したのは鎌倉時代になってからである (→土倉〈どそう〉 ) 。江戸時代になると名称も土倉から質屋に変り,貨幣経済の進展に伴って著しく発達し,幕府はその取締りと保護のためにしばしば法令を発布している。そして時代が下るにつれて動産を中心とする庶民の金融機関として盛んに利用されるようになった。明治になると,1895年に質屋取締法が制定され,1950年新たに質屋営業法 (昭和 25年法律 158号) が制定されて,現在の質屋営業を規制している。また,庶民金融円滑化の一環として公益質屋がある。しかし,無担保融資を行う消費者金融の発達によって質屋の事業環境は激変し,店舗によっては厳しい経営状況となっている。 (→典当舗 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

質屋
質屋営業法に基づき、質入れされた品物(質物)を担保として、年109・5%の金利上限に貸し付けることができる。返済されない場合は質物を没収して債務を解消する(質流れ)。これに対し、貸金業者は質物は必要ないが、金利の上限は年20%。多重債務やヤミ金融問題を背景に、改正貸金業法が2010年6月に施行され、金利上限が29・2%から引き下げられた。
(2013-05-30 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

しち‐や【質屋】
物品をにとって金銭の貸し付けを行う業者。また、その店。江戸時代から庶民の金融機関として普及した。質店(しちみせ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

質屋
1964年製作のアメリカ映画。原題《The Pawnbroker》。監督:シドニー・ルメット、出演:ロッド・スタイガー、ジェラルディン・フィッツジェラルド、ブロック・ピータースほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しちや【質屋】
一般の人々に家財衣服や商品などの動産を質草として主として小口消費資金を融通する庶民金融機関。1895年に〈質屋取締法〉が制定され,長い間取締りの基礎となっていたが,1950年に公布された〈質屋営業法〉によって取締法は廃止された。いずれも私営質屋の監督法規である。1927年公布の〈公益質屋法〉によって地方公共団体や社会福祉法人により質屋が営まれることになり公・私質屋が共存することになった。私営質屋の設立には行政官庁の許可が必要である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しちや【質屋】
物品を質として預かり、金銭を貸し、利子を得る職業。また、その店。江戸時代以降の庶民の金融機関。中世には土倉どそうと呼ばれた。質店しちみせ・しちてん

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

質屋
しちや
もっぱら物品(動産)の「質物(しちもつ)」を担保として金銭貸付を行う業者。質物を物品に限り、その預託を「見返り」に金銭貸付をする業者の出現は鎌倉中期からで、当初「庫倉(くら)」とよばれ、室町期にはさらに発展して「土倉(どそう)」(どぐらとも)、「土蔵」と通称された。そして新興の酒屋にも貸金業を兼ねるものが多かったので、酒屋土倉と併称もされた。質物保管のため壮大堅固な倉庫の設営が必要であったからである。京洛(きょうらく)都市生活の発展の所産で、彼らの蓄財豪奢(ごうしゃ)ぶりは庶民の反感をも買い、ときには「土一揆(どいっき)」の抗争目標にさえなった。近世に入ると「質屋」の名称が一般化した。京坂・江戸をはじめ城下町の全国的発展に伴い、質屋はおもに都市下層民の生活資金調達融資の方途として重い役割を担うことになる。各地の城下には質屋仲間の結成が早くから行われ、種々の規制が加えられもした。1723年(享保8)の江戸質屋仲間2731、1699年(元禄12)の京都質屋628、幕末の大坂質屋2420という数字からも、近世庶民金融に占める質屋の地位は想像できよう。質屋の担保は衣類、装身具、家具など身近の生活用具で、もっぱら都市細民の生活資金調達にあてられ、扱う金額も少額ではあったが、それだけにまた簡便臨機の金融手段として活用された。しかも「流質」期限は比較的短く、そのうえ金利も割高で、質物の保管処分も貸し主の手にあるため、万般に質屋にとって有利な条件が多かった。「抵当なし」の「高利貸」と並んで、質屋が近世庶民金融の主役として働いたのも当然である。明治以後もなお質屋営業は久しく続き、都市下層民の手軽な融資方途として重要な役割を担ってきた。[竹内利美]
 質屋は主として自己資金を用いて、少額で短期の生計資金などを簡易迅速に貸し付けるので、古くから広く庶民によって利用されてきた。しかし、質物の保管設備を整える必要があること、雑多な質物の保管に手数がかかること、1口当りの貸付金額が零細であることなどから、その利息は割高となっている。また、元利金の返済なく一定期間を経過すると、質物は「質流れ」と称して処分され、元利金の弁済に充当されることになっている。
 日本においては、質屋は古物商とともに盗品や遺失品捜査の拠点とみなされ、厳しい取締りの対象とされてきた。明治維新後、当初は府県別の取締規則が制定され、それに基づいて取締りが行われていたが、1884年(明治17)に質屋のみに適用される全国統一立法として質屋取締条例が制定され、取締りの強化が図られた。この条例による過酷な取締りによって検挙される質屋業者が相次ぎ、不況による営業不振から増加しつつあった質屋の廃業にいっそうの拍車をかけることになった。そのため同条例の改正運動が活発化し、1895年には同条例の厳しい質受けの禁止や警官の立入検査などの条項を修正し、罰則規定を緩和した質屋取締法が制定された。同法は、第二次世界大戦後に質屋営業法が制定されるまで、取締りの基礎とされた。また、1927年(昭和2)には、社会政策的な見地から公益質屋法が制定され、地方公共団体や社会福祉法人によって公益質屋が設立されて、公・私営の質屋が共存することとなった。
 第二次世界大戦後の1950年(昭和25)に質屋取締法は廃止され、現行の質屋営業法が制定された。私営質屋を営業するには、同法に基づいて営業所の所在地の都道府県公安委員会の許可を受けなければならない。流質期限は質契約成立の日から3か月以上とされ、利息については「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」が適用されるが、質屋の場合は最高限度は1日当り0.3%とされており、月単位で計算されることになっている。
 私営質屋は1958年の2万1539を、公益質屋は1939年の1142を頂点として、その後減少傾向を続け、1983年には私営質屋8715、公益質屋61となり、2007年(平成19)には私営質屋は3579まで減っている。また公益質屋の制度は2000年に廃止された。この質屋数の減少は、国民所得の向上、社会保障制度の充実とともに、金融機関のカード・ローンの普及やサラリーマン金融など手軽な個人向け金融の発達によって、質屋利用が低下したことによる。このため、最近では買取販売やインターネットのオンライン販売を行う質屋が多くみられるようになった。[石野 典]
『渋谷隆一他著『日本の質屋』(1982・早稲田大学出版部)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しち‐や【質屋】
〘名〙
① 質物を担保とし、金銭を貸すことを業とする者。また、その店。質店。七屋(ななつや)。〔高野山文書‐応永三三年(1426)一一月二六日・権大僧都勝算証文案〕
※浄瑠璃・吉野都女楠(1710頃か)二「赤栴檀(しゃくせんだん)のあみだ仏迄、質屋へとばし」
② 都道府県公安委員会の許可を受けて、質屋営業を営む者。また、その店。一六銀行(いちろくぎんこう)
※質屋取締法(明治二八年)(1895)二条「質屋は店舗の外に於て営業を為すことを得ず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

質屋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

質屋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation